実証!鶏がらスープの素で作るカップラーメンは美味しくなるのか

「うまい」と「うまい」を足せば「もっとうまい」になる。これは美味しい料理を食べたいと願う者であれば、必ず一度は考えた事がある一般的なスィオラム、つまり定理。最近の博多ラーメン界隈でもこの定理が存分に猛威を奮っていて、例えば天神から博多ラーメンのニューレジェンドとなったShin-Shin(しんしん)は公式サイトでも豚骨に有田鶏の鶏ガラを組み合わせたハイブリッドスープだと書いてあるし、海鳴は豚骨と魚介スープのハイブリッドで多くのラーメンファンをうならせた。

ならばこの定理に基づいて、カップラーメンを作るとどうなるのか。早速やってみる事にする。



サンポーの焼豚ラーメン

豚鶏がら1
用意したのはコチラ、味の素の丸鶏がらスープとサンポーの焼き豚ラーメン。

カップラーメンを食べるのに手間暇かけていたのでは本末転倒、とにかく簡単に手に入るものでサクッと作ってみるとどうなるのか。豚骨と鶏ガラで人気店「しんしん」の味を目指してみようと思ったのだけど、こんな材料でやろうというのがそもそもおこがましい話かもしれない。

とりあえずベースとして用意したは「サンポーの焼豚ラーメン」1978年から愛され続ける老舗の味。そしてサクッと手軽に鶏がらスープが作れるという、鶏がらスープの素では超定番ともいえる「味の素丸鶏がらスープ」。共に長く多くの人から支持され続ける、インスタント界の人気商品。

趙手抜きの豚骨と鶏ガラのスープ

豚鶏がら2
お湯は鍋で沸かす。

ラーメンに鶏ガラスープの素をぶち込むか、それとも鶏がらスープを作ってからお湯として入れるか、鍋で先に鶏ガラと豚骨のスープを作るのか。この手順について十分な脳内協議をした結果、鍋で鶏がらスープを作り、カップラーメン側は普通に作る事にしました。お湯はヤカンではなく鍋で沸かします。ポットのお湯は不向きだと思う。ポット内の湯が全て鶏ガラスープになるからね、鶏がらスープのインスタントコーヒーを飲みたいというなら止めないけど。

豚鶏がら3
味の素丸鶏がらスープのラベル。

さて、ここで問題になるのが入れる分量、いったいどれくらいの量を入れればいいのか。まずオフィシャルで発表されている適量をラベルで確認。スープにするには150mlあたり小さじ1が適量らしい。

豚鶏がら4
サンポー焼き豚ラーメンのラベル。

続いてサンポー焼き豚ラーメンに必要な湯の量を調べる。これもカップに書かれていました。目安量は360ml。

え~っと…150mlあたり小さじ1なら、360mlにはどれだけ入れればいいのか。これは高度な演算を必要とするかもしれない。

豚鶏がら5
これが小さじ1。

筆者は中卒なので計算が苦手、なので分かりやすく400mlのお湯を沸かして鶏ガラスープの素を小さじ1.5入れる事にします。

豚鶏がら6
鶏ガラスープができるまでにカップラーメンのスタンバイを完了させておく。

味の素の丸鶏がらスープ、お湯がほんのり色づいて美味しそうな色になりました。ひとくち味見してみると、このままスープになるんじゃね?的な味。サンポーの焼き豚ラーメンは、スープを沸かしている間に付属の粉末スープの素を入れてスタンバイ、これ非常に重要。時間がたつとスープが煮詰まってしまう。

豚鶏がら7

少なく入れるかピッタリにするか、ここが腕の見せ所…じゃなくてお好みでどうぞ。

3分経過、お味はどうなのでしょう

豚鶏がら8
とりあえず3分経過して蓋を開けたときの様子、特に変わった点は見られない。

3分経ったので蓋を取り外し、付属の液体調味料を投入。ここで粉末スープをよく溶かしておく、だまが残っていると味が均一になりませんからね。

豚鶏がら9
このコーンがいい味出してるんですよね、サンポーの焼き豚ラーメンは。

それでは気になるお味を確かめるために、スープを口の中へと運んでみます。しんしんとは言わないまでも、あの独特のコクと香りに少しでも近づいているのか…ん?味がまろやかになって旨みがあるんだけども、

しょっぱい!

豚鶏がら10

麺と一緒に食べればなんとか美味しさを感じられる。スープも食べられないほどひどい味じゃないけれど、全体的に塩が強くなり過ぎました。ただ塩が強いという点を除いて味わってみると、確かに旨みが増したというかチープなカップラーメンが少し本格派に近づいた気がします。

だけどやっぱり、しょっぱいですね。

実証結果と今後の課題

とりあえず鶏ガラスープでカップラーメンを作ると美味しくなるんじゃないかという方向性は間違ってない、そう思える結果になりました。あのサンポーの焼き豚ラーメンが、味に奥行きがでて旨みが増したことは間違いない。

ただ市販の鶏がらスープの素を使ったのが失敗の原因。味の素の丸鶏がらスープはこれ単体である程度完成されたスープになるため、塩などで味をつけた中華スープの素なのです。なのでカップラーメンの粉末スープと合わさってしまうと、塩分濃度が高くなり過ぎる。さらに言うと、調味料の味に調味料を重ねたので味が尖りすぎたという印象。

やはりカップラーメンを美味しくするためには、ほんものの素材を煮込んだスープを使う必要がありそうです。気が向いたらやってみるか。



この記事を書くきっかけとなった鶏がら豚骨、ハイブリッドスープの超人気店Shin-Shin(しんしん)天神本店を紹介した記事↓

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でハカテンをフォローしよう!

関連記事

  1. 「ホテビア」ホテルセントラーザ博多の屋上でビアガーデン始まるよ!2018年5月9日から9月30日

  2. 「経済大国としての日本は終わります」終わらせ方が大事なので政治家さん仕事してください。

  3. 手作りちゃんぽん

    福岡の早くて簡単!定番家庭料理といえば「チャンポン」なんだと思う。

  4. 天地下新店

    2018年の3月なんだけども、天神地下街に素敵な店がオープンしていました

  5. 実際に福岡市へ地方移住して実感、田舎暮らしは地方都市が最適解だと思う

  6. アートアクアリウム展2018福岡博多駅ビルで開催!早速レビュー書きます

  7. 「大坂なおみ」の二重国籍問題、落ち目の日本よりアメリカを選択すべき

  8. JR博多シティアミュエストに「キース・へリング×ブルックリン・ロースティング・カンパニー」の期間限定ショップ

  9. サンタモニカ3rd

    SANTA MONICA 3rd st. MEAT DELI(サンタモニカ3rd st. ミートデリ)ソラリアプラザにOpen!

  1. 柳橋連合市場「柳橋食堂」で海鮮丼ランチのC定食!食べて来たレビュー

    2018.09.16

  2. うどんブームと騒がれる福岡で「うどんウエスト」はもっと高く評価…

    2018.09.09

  3. 明太子と味噌の融合、味蔵の「博多みそ明太」を付けて食べるとピリ…

    2018.09.08

  4. はなび福岡

    「はなび」台湾まぜそばの元祖、福岡天神に初出店!食べて来たレビ…

    2018.09.02

  5. 「天神炒飯」大名にある炒飯専門店で贅沢な肉盛りチャーハンを食べ…

    2018.09.01

  1. はなび福岡

    「はなび」台湾まぜそばの元祖、福岡天神に初出店!食べて来たレビ…

    2018.09.02

  2. 「博多屋台一幸舎」博多駅一番街で食べてきました!原点回帰「屋台…

    2018.08.15

  3. プルーム天神1

    「Ploom Shop 天神店」プルームテックの店に行ってきた!カフェ”REC…

    2018.08.08

  4. 「麺や兼虎 天神店」濃厚な魚介スープ、辛くて旨い!ラーメンを食べ…

    2018.08.07

  5. マンハッタンロールアイスクリーム、天神の福岡大名店に行ってきた…

    2018.08.01

  1. 「チーズ アンド バー」今泉の隠れ家のようなカフェバーでチーズプ…

    2018.07.12

  2. 「福岡天神・大名の街並み」江戸時代の面影を残す旧武家屋敷街、現…

    2018.06.28

  3. 「冷泉町」博多旧市街のレトロ巡り、博多の歴史を感じる街歩き

    2018.06.12

  4. 「上呉服町」博多の旧市街、鎌倉時代の街並みが残るレトロな風景

    2018.05.03

  5. 「博多大水道」鎌倉時代に掘られた博多中心部を防衛する巨大な堀

    2018.04.30

error: