「博多一幸舎大名本家」天神にある泡系コッテリ博多ラーメンの元祖!大名本家へ行ってきました。

一幸舎大名1

泡系とんこつスープで一世を風靡し、博多ラーメンを全国、さらには世界へと広げていくリーダーカンパニー。天神大名の本家へ行ってきました。

現在このお店はリニューアルの為休業中、再オープンの時期は不明です。

「博多一幸舎大名本家」クリーミーでコクのある泡系とんこつで博多ラーメンの躍進を支える有名店

博多一幸舎は2004年の創業。比較的新しい店でありながら、泡立つクリーミーな豚骨スープで博多とんこつラーメン人気をけん引し、東京・大阪・京都・岡山からアメリカ、オーストラリア、さらには台湾、シンガポールといったアジア地域へも積極展開する博多ラーメン界を代表する有名店。そんな博多ラーメンのビックカンパニー発祥の地、福岡市中央区大名にある「大名本家」へ。

一幸舎大名

博多一幸舎が第一号店を出店した福岡大名、「『一』つでも多くの『幸』せ与えられるような、空間、場所『舎』でありたい」との思いから一幸舎と名付けられたお店。創業時の店はすでになく系列店の「博多元勲(鶏魚介)」に移転、現在の大名本家となっています。赤い看板に博多一幸舎の文字、とても目立つ外観。

店頭に貼られたメニュー、ここではつけ麺にも力を入れている模様。

一幸舎大名3

店内はオープンキッチンにテーブルとカウンター席、各席にはIHヒーターが設置されていて熱々のつけ麺を食べる事が出来る。それほど広さはないために休日のランチタイムには行列が出来る人気店。それでも回転が早いために、それほど待たなくていいのがラーメン屋のいい所。安川が訪れたのは平日の午後3時前、アイドルタイムだったからか来店客はいませんでした。

一幸舎大名4

ラーメン屋といえば食券機といってもいいくらい、入店時に食券を買う店が増えた。博多一幸舎も食券制。チャーシュー麺と迷うところだけども、さいきんお腹まわりが気になるので、味玉ラーメンにしておこう。

右下にあるデメキンラーメンって何だろう…と思いググってみると、どうやら映画とのコラボラーメンとのこと。

画像:一幸舎公式サイトより

デメキンとは福岡を舞台にしたヤンキー小説。コミック化されて販売180万部突破、さらに映画化までされた人気作。上の写真は「福岡連合2代目総長 佐田正樹スペシャル ~ファイヤーパターン仕様~」すげぇ名前だw

期間限定メニューだと思われるのだけど、メニュー終了日時が書かれていませんでした。ただキャンペーン期間は2017年12月17日となっていますね、詳しくは下にリンク張っておきます。

博多一幸舎「デメキン」ページ⇒http://www.ikkousha.com/news/1097

一幸舎大名5

食券機に貼られた麺の硬さ表。食券を渡すときに聞かれます。安川は必ず普通で注文するんですよ、なんだかんだで一番バランスがとれていておいしい気がする。

一幸舎大名6

カウンターに通されて、ふと前を見ると…ニンニク!それも一片丸ごとのタイプ。ニンニクを潰すためのクラッシャーが備え付けてあります。これは感動もの、これがある店は絶対当たり、間違いない。さすが一幸舎、わかってるね。あとはゴマ、餃子・ラーメンのタレ、胡椒。

一幸舎大名7

こちらは無着色のショウガと辛子高菜、雷味噌というのが少し気になる。

一幸舎大名8

全席に設置されてるIHヒーター。つけ麺の熱さを自分で加熱して決められる便利な設備。ラーメンには関係ありません。

一幸舎大名9

壁にドーンと貼られた一幸舎のこだわり。ザックリ書くと、スープは豚の頭、背骨、丸骨を骨が崩れるまで強火で煮込み、クリーミーさと骨の味を最大限まで引き出す製法。麺は製麺所を自社で作ってしまうほどのこだわりぶり。タレにはチャーシューの漬け込み肉に魚介をミックス。詳しくは最後に公式サイトのリンクを貼っておくので、そちらをご覧ください。

一幸舎大名10

カメラかたてにキョロキョロしていると、やってきました博多一幸舎大名本家の「味玉ラーメン」。少しタレの色が出てるんでしょうか、茶褐色の豚骨スープに泡系というだけあって乳化した泡がたくさん浮かんでいます。

一幸舎大名11

それではスープから一口…ズズッと飲んでみると「あ~コレコレ!」という豚骨ラーメンの味。安川はもともと豚骨が苦手で、福岡に来てから普通に食べられるようになったんだけども、それがちょうど10数年前の事。一幸舎の人気が爆発していた頃で、泡スープの店がどんどん増えて行ってた時代。

なので安川にとっての豚骨の原点はこの味なんですよ。最近は豚骨の豚臭さを消したマイルド系が多いけども、一幸舎のスープはシッカリ豚の臭みがあります。これが豚骨、うま味成分の一つ。さらに魚介の旨みをタレでミックス。コクがあるのに切れがある、抜群のバランス。

一幸舎大名12

チャーシューは大きくカットされたものが一枚。豚の脂が甘くて、味付けもシッカリ。

一幸舎大名13

煮玉子はカットされていなくて丸ごとひと玉。珍しいですね、半分にカットしてある玉子はよく見かけるんですけども…。

面白いので箸でつまんで持ち上げてみると、中は半熟でブヨブヨした感じ。

一幸舎大名14

少しかじってみると、中は見事な半熟状態。塩気も利いていて、こちらも味はシッカリしている。

一幸舎大名15

自社製麺所で製造しているこだわりの麺、細麺ストレートで、ゆるやかな平打ち。食感はとてもよくてツルツルッと入って来る、普通でもプツプツ感があって美味しい麺。

一幸舎大名16

赤のれん節ちゃんラーメンほどじゃないけども、すこし平たく平打ちされた麺。クリーミーなスープとの相性がいいんです。

一幸舎大名17

スープ、チャーシュー、麺、玉子と味わったところで、やっぱこれを入れないと始まらない。ニンニクをクラッシャーにセットして

一幸舎大名18

うおぉりゃぁ!と握りつぶす。

一幸舎大名19

潰したてのクラッシュニンニク、こいつをかき混ぜてズズッとラーメンを食べると抜群のおいしさ。ほんと豚骨ラーメンにニンニク入れたときの旨さときたら、もう、オジサン辛抱たまらん!

一幸舎大名20

ニンニクでパンチを利かせたラーメンをたいらげて、最後の〆はこの辛子高菜。

一幸舎大名21

一幸舎の辛子高菜は激辛注意とフタに書いてあるので、少なめから試すのがおすすめ。ラーメン屋で激辛と書いてあったら本気で辛いからね、マジで要注意。これは安川の経験から来る危機察知能力の一つ。

一幸舎大名22

辛子高菜を入れてかき混ぜて、少し赤く染まったピリ辛豚骨スープを最後にゆっくり楽しむのが安川流の食べ方。この〆のスープがマジで美味しい、一杯で二度美味しいってやつ。

安川的には無料の辛子高菜が置いてある店は、まず外さないと思ってる。それくらい重要なアイテムなんですよ、この辛子高菜。

やっぱり旨い、安定した王道の博多ラーメン

なんだかんだで王道の味ですよね、美味しい博多ラーメンと言えば一幸舎系のラーメン。やっぱ豚骨なんだから、あの独特の臭みもないと物足りない。最近では魚介豚骨とかチキン豚骨だとか、いろんなバリエーションが出てきて鎬を削っているけども、なんだかんだで安川の原点はココにあるような気がする。

博多一幸舎のラーメンは、シッカリ臭みを残しているけども、それが行きすぎず旨味の一要素としてバランスよく纏まっている。今風のラーメンでも美味しい店が沢山あるけども、一幸舎は原点にして王道、進化の直球ど真ん中をいくラーメンだと思う。福岡以外でも味わえるので、現代博多ラーメンのベーシックというかスタンダードはこの味なんだと思ってもらって間違いない。

安川は関西の出身なんだけども、神戸や大阪にあったひと昔前のナンチャッテ系の博多ラーメンは酷かったからね。まずは一幸舎を食べてみて、それを基準に美味しい店を探すと間違いない。まずは近くの一幸舎へ、本物を味わいに行ってみるべきだね。

「博多一幸舎大名本家」
住所:福岡市中央区大名1-8-4

Googleマップへ

営業時間:日から木11:00~24:00、金・土・祝前日11:00~翌1:00、ランチ11:00~15:00
※スープ売り切れ次第終了
定休日:年中無休(年末年始を除く)

※この記事は私が訪れた時のものです、現状と異なっている場合があります。最新情報、詳細はご自身で確認することをおすすめします。

博多駅の博多めん街道で食べた時の記事↓

博多一幸舎公式サイト⇒https://www.ikkousha.com/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でハカテンをフォローしよう!

関連記事

  1. 「おいしい氷屋 天神南店」製氷会社直営!匠が作る博多純氷が絶品なのです

  2. うま馬

    「うま馬」博多で初めて提供された元祖のラーメン、戦前の味を守る老舗

  3. 「平和楼」ダールー麺。福岡天神のど真ん中、あの中華料理店

  4. 「アクロス山」展望台の眺めが最高!天神のアクロス福岡で街なか登山?

  5. のへそ

    「すし・魚処 のへそ」キャナルシティ博多近くの絶品海鮮ランチ!口コミレビュー

  6. シロヤの「フワとろオムレット」博多駅で買った1個40円の人気おすすめスイーツ

  1. 柳橋連合市場「柳橋食堂」で海鮮丼ランチのC定食!食べて来たレビュー

    2018.09.16

  2. うどんブームと騒がれる福岡で「うどんウエスト」はもっと高く評価…

    2018.09.09

  3. 明太子と味噌の融合、味蔵の「博多みそ明太」を付けて食べるとピリ…

    2018.09.08

  4. はなび福岡

    「はなび」台湾まぜそばの元祖、福岡天神に初出店!食べて来たレビ…

    2018.09.02

  5. 「天神炒飯」大名にある炒飯専門店で贅沢な肉盛りチャーハンを食べ…

    2018.09.01

  1. はなび福岡

    「はなび」台湾まぜそばの元祖、福岡天神に初出店!食べて来たレビ…

    2018.09.02

  2. 「博多屋台一幸舎」博多駅一番街で食べてきました!原点回帰「屋台…

    2018.08.15

  3. プルーム天神1

    「Ploom Shop 天神店」プルームテックの店に行ってきた!カフェ”REC…

    2018.08.08

  4. 「麺や兼虎 天神店」濃厚な魚介スープ、辛くて旨い!ラーメンを食べ…

    2018.08.07

  5. マンハッタンロールアイスクリーム、天神の福岡大名店に行ってきた…

    2018.08.01

  1. 「チーズ アンド バー」今泉の隠れ家のようなカフェバーでチーズプ…

    2018.07.12

  2. 「福岡天神・大名の街並み」江戸時代の面影を残す旧武家屋敷街、現…

    2018.06.28

  3. 「冷泉町」博多旧市街のレトロ巡り、博多の歴史を感じる街歩き

    2018.06.12

  4. 「上呉服町」博多の旧市街、鎌倉時代の街並みが残るレトロな風景

    2018.05.03

  5. 「博多大水道」鎌倉時代に掘られた博多中心部を防衛する巨大な堀

    2018.04.30

error: