「博多屋台一幸舎」博多駅一番街で食べてきました!原点回帰「屋台ラーメン」

博多のご当地グルメだった博多ラーメンを、全国に知らしめた名店の一つ「一幸舎」が屋台の味へ原点回帰。博多ラーメンの原点である屋台を意識した「博多屋台一幸舎」は、博多駅地下の飲食店街「博多一番街」にあります。

通常店舗とは一味違うラーメンが食べられるとのこと、さっそく食べに行ってきました。

「博多屋台一幸舎」博多一番街店

一幸舎屋台1
博多屋台一幸舎、博多一番街店の外観。

あいかわらずの人気です、博多ラーメンを代表する一幸舎。ここ博多一番街にあるこのお店は、通常の一幸舎とは一味違う、屋台を意識した「博多屋台一幸舎」です。博多ラーメンの原点へ、毎日食べたくなるラーメンを目指したお店。

一幸舎屋台2
博多屋台一幸舎の店内。

店内は屋台風の作りになっていて、オープンキッチンを囲むようにカウンター席が設けられています。テーブル席はありません。

博多屋台一幸舎のラーメンメニュー

一幸舎屋台3
博多屋台一幸舎の券売機画面

一幸舎屋台4
券売機「ラーメン」のメニュー画面。

屋台と名前の付いた一幸舎に来たのは初めて、どんなラーメンがあるのか見てみると、白濁豚骨スープの豚骨ラーメン、辛味の利いた辛豚ラーメン、透明感のある淡麗清湯ラーメンの3種類がありました。

数量限定の「博多まぜそば」も気になったけど、とりあえずラーメンですよね。

一幸舎屋台5
カウンターの調味料。

先に食券を買ってから行列に並び、通されて座ったカウンター。調味料は替玉専用ダレ、餃子タレ、コショウ、胡麻、ラー油が用意されていました。

一幸舎屋台6
薬味は3種類。

薬味はショウガ、ニンニク、辛子高菜。辛子高菜が無料の店に外れ無し、今のところ外したことはないんです。

激ウマ!淡麗清湯ラーメン

一幸舎屋台7
博多屋台一幸舎の味玉淡麗清湯ラーメン

かなり混雑していたのですが、数分でラーメンが到着。あいかわらず早い。

注文したのは「味玉淡麗清湯ラーメン」です。博多にラーメンが登場したのが昭和16年か17年頃と言われていて、最初のラーメンは白濁してない清湯スープだったそうです。これこそ博多ラーメンの原点なんじゃないでしょうか。

一幸舎屋台8
見てくださいこの透明度の高いスープ、これも豚骨ラーメンですからね。

まずはスープをひとくち。口に入れると少し強めに塩味、そしてスープの旨みが……メッチャうめぇっ!!

淡麗というからアッサリスープかとおもいきや、めっちゃ深いコクの濃厚豚骨スープ。豚骨特有のコクの強さと、ほのかな甘み。しかも白濁豚骨のようなしつこさがなくスッキリしてる。

もともと白濁豚骨は苦手で、福岡に来てしばらくしてから美味しく食べられるようになったという経緯があったりする筆者、むしろコッチの方が好みですよ、マジで。

一幸舎屋台9

麺は一幸舎の特徴である平打ち気味のストレート細麺。

一幸舎屋台10

プツプツと噛み切る感触と、平打ちならではののど越し。一幸舎の麺はラーメンにとてもよく合う、独特のオリジナル麺。

一幸舎屋台11
チャーシューも旨い。

チャーシューの味付けは非常にシンプルだけど、肉の旨みが濃厚で凄く美味しい。一幸舎総本店もそうだったけど、豚の甘みとうま味がシッカリと伝わってくる。

一幸舎屋台12
カットされてない味玉。

味付きの煮玉子。カットされていることが多いんだけど、一幸舎は丸ごと入っています。塩味を利かせた半熟煮卵、ラーメンの味に慣れた舌に少し変化を与える名わき役です。

一幸舎屋台13

淡麗清湯ラーメンには柚子胡椒ベースの薬味が付いているので、少し入れてみると柚子の香りがスープの味を引き立ててさらに深みを増す。

一幸舎屋台14
ニンニクを投入。

最後にニンニクを入れてみたら、少し入れすぎたのかニンニクの味が強くなり過ぎた。それでもスープのコクとうま味はシッカリしていて、ニンニク好きにはたまらないニンニクらーめんになりました。

白濁した豚骨ラーメンはくどいので毎日食べるのはキツイけど、このラーメンなら毎日でも食べられそうです。

従来の豚骨は苦手という方におススメ

今までの豚骨スープは美味しいんだけど、どうしてもクドいというかもたれる感じがあって毎日食べるのはチョット……という感じだったんですよね。今でも苦手にしている人もいるくらい、少しクセがあるラーメンです。

なので従来の豚骨が苦手という人には、淡麗清湯ラーメンがおススメ。

スープはコクがあって濃厚、豚骨特有の甘さがあって「豚骨スープ」の味を楽しむ事ができる。だけどキレがよく、後味がスッキリしています。

次は博多まぜそばを食べてみたい、一幸舎の麺は美味しいですからね。

ちなみに博多駅の近くには、一幸舎のモデル店として特別仕様の泡系ラーメンが食べられる総本店もあります。

レポート記事「「博多一幸舎 総本店」最強店舗にリニューアル!独自スープを食べてきました。」で紹介しています。



「博多屋台一幸舎」
住所:福岡市博多区博多駅中央街1-1 博多1番街

Googleマップへ

営業時間:10:00から23:00(L.O.22:30)

※この記事は私が訪問した時のものです、現状と異なる場合があります。最新情報、詳細はご自身で確認することをおすすめします。

博多一幸舎公式サイト⇒https://www.ikkousha.com/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でハカテンをフォローしよう!

関連記事

  1. 「NICK STOCK渡辺通店」福岡天神南、大満足の割安肉ランチ!コスパ抜群

  2. 大同庵跡

    「大同庵跡の古渓水」博多の火難除けスポット!庵の主は千利休の師匠だった

  3. 博多の川端商店街で宮崎名物「釜揚げうどん」を食べる!チキン南蛮もね

  4. 「鹿児島ラーメン豚とろ」で博多駅デイトスでランチ、巨大な豚トロとカツオ節が絶品

  5. 鶏ソバ華味鳥

    「博多鶏ソバ華味鳥」天神ソラリア地下、水炊きスープの味を手軽に楽しめるお店

  6. 「まるとく食堂」博多駅の地下で名物《ごまさば》ひとりでランチ!

  1. 柳橋連合市場「柳橋食堂」で海鮮丼ランチのC定食!食べて来たレビュー

    2018.09.16

  2. 満を持して「元祖長浜屋」福岡天神の親不孝通りに!公認LABORATORY…

    2018.09.13

  3. うどんブームと騒がれる福岡で「うどんウエスト」はもっと高く評価…

    2018.09.09

  4. 明太子と味噌の融合、味蔵の「博多みそ明太」を付けて食べるとピリ…

    2018.09.08

  5. はなび福岡

    「はなび」台湾まぜそばの元祖、福岡天神に初出店!食べて来たレビ…

    2018.09.02

  1. 満を持して「元祖長浜屋」福岡天神の親不孝通りに!公認LABORATORY…

    2018.09.13

  2. はなび福岡

    「はなび」台湾まぜそばの元祖、福岡天神に初出店!食べて来たレビ…

    2018.09.02

  3. 「博多屋台一幸舎」博多駅一番街で食べてきました!原点回帰「屋台…

    2018.08.15

  4. プルーム天神1

    「Ploom Shop 天神店」プルームテックの店に行ってきた!カフェ”REC…

    2018.08.08

  5. 「麺や兼虎 天神店」濃厚な魚介スープ、辛くて旨い!ラーメンを食べ…

    2018.08.07

  1. 「チーズ アンド バー」今泉の隠れ家のようなカフェバーでチーズプ…

    2018.07.12

  2. 「福岡天神・大名の街並み」江戸時代の面影を残す旧武家屋敷街、現…

    2018.06.28

  3. 「冷泉町」博多旧市街のレトロ巡り、博多の歴史を感じる街歩き

    2018.06.12

  4. 「上呉服町」博多の旧市街、鎌倉時代の街並みが残るレトロな風景

    2018.05.03

  5. 「博多大水道」鎌倉時代に掘られた博多中心部を防衛する巨大な堀

    2018.04.30

error: