「旧福岡県公会堂 貴賓館」福岡天神中央公園の素敵な洋館に行ってきた!

天神から中洲へ向かう途中にある天神中央公園、静かに建つ素敵な洋館。天神に残された数少ない、貴重な古い建築物。

「旧福岡県公会堂 貴賓館」福岡天神、フランスルネッサンス様式の素敵な洋館

福岡の繁華街天神から中洲方面へ歩いて行く途中、旧県庁跡に広がる天神中央公園。この周りには福岡市役所の庁舎やアクロス福岡といった公共施設が建ち、天神の中心部にある憩いの場であると同時に、イベント会場として多くの人で賑わう場所。

近くには天神という地名の由来となった水鏡天満宮もあるなど、古くから福岡の中心地として栄えてきました。そんな公園の中にポツンと建つ明治の洋館、フレンチルネッサンス様式で建てられた美しい建物が今回訪問した「貴賓館(旧福岡県公会堂)」です。

貴賓館1

福岡市役所の正面にある福岡中央公園、ちょうどアクロス福岡から中洲方面を見てみると、先の方に素敵な洋館が見えていますね。

貴賓館2

正面まで来ると、どうですかコレ、すんごく素敵でおしゃれな洋館です。ここが今回の目的地「貴賓館(旧福岡県公会堂)」。本来はこの建物の裏に講堂があったのですが、解体されてしまい貴賓館の部分だけが残されています。

貴賓館3

来賓をもてなす為の施設だっただけに、随所に装飾が施されるなど細部まで美しく造られた洋館。

貴賓館4

中央部2階にあるアーチ状の窓や屋根がとてもモダンで素敵、さらに丸いガラス窓の奥に室内の照明が見えている。細かい所までよく考えられていますよね。

貴賓館5

塔の部分に設けられた丸窓がオシャレ。

貴賓館6

斜め後方からのショット。本来なら通路があり、講堂が建っていました。いまは壊されていて駐車場になってますけどね。

貴賓館7

正面に戻ってくると、観覧のご案内と書かれた看板がありました。有料ですが内部は一般に公開されています。

貴賓館の1階

貴賓館8

入館料を入り口で支払い、正面玄関から中へと入っていきます。

貴賓館11

入ってすぐのホール、左右に通路が別れ正面には階段があります。階段に大きな明り取りの窓があるため、とても明るいエントランスのホール。

貴賓館13

左手の廊下を進んでいくと左右に部屋があり、貴賓館のカフェになっています。

貴賓館29

貴賓館カフェのメニュー。ドリンクがメイン、メロンソーダがあります。貴賓館パンケーキがオリジナルメニューという事になるんでしょうか。

貴賓館12

一階の食堂、壁紙の柄は当時と同じものを複製。家具や照明は他から持ってきたものです。カフェで注文したものを、この席で飲食することが出来ます。

貴賓館14

食堂の部屋には不釣り合いなほど巨大な電灯がぶら下がっているんだけれども、これは旧県庁の県議会議事堂にあった電灯を持ってきたのだとか。ちなみに旧福岡県庁の本庁舎は大正2年に建てられていて、昭和の末期まで使われていました。石造りの重厚なレトロ建築で、すんごく立派な建物だったんだけれども、そこは福岡、バッチリ壊してます。県庁が手狭になって移転するのは分かるんだけれども、なんで古い建物を活用しようと思わなかったんでしょうね。確かに壊して新しい建物を建てたほうが、地元の業者や利権に絡む人は一時的に儲かるでしょうが…利権と無関係な市民として長い目で見たらどっちが得かというお話。

貴賓館15

食堂の奥、外から見た塔の1階部分。ここだけ少し雰囲気が違って、VIP席みたいになっています。

食堂から廊下を挟んで向かい側には、貴賓館の解説などのパネル展示があり

貴賓館16

その奥には物販スペースがありました。

貴賓館17

続いて玄関から右の廊下へ行くと遊戯室と書かれた部屋がありました。ここは名前の通り娯楽用の部屋で、小さなカウンターが設けられています。

貴賓館19

この部屋で注目したいのがこの床にある礎石。これは建物の下、地面に直接基礎工事を施した礎石なのだそうです。重量物を置けるように造られたものなのですが、なんとビリヤード台を置くためのものだとか。当時のビリヤード台は重かったのですね。

貴賓館20

遊戯室の廊下を挟んで向かい側には休憩室、現在は旧県庁などの資料が展示されています。

貴賓館21

旧県庁解体時に発見されたタイムカプセルが展示されていました。中に入っていたのは当時の新聞、その写しが読めるようにガラスケースの上に置かれています。

貴賓館23

ふと見上げてみると複雑な木の組み方が素敵な天井。この時代の洋館は部屋の目的別に天井がすべて異なるんですよね、見どころの一つです。

正面の玄関に戻ってきました。両脇に昇り階段、その中央にある通路を奥へと進んでいきます。

奥にはレトロな洗面室があり

貴賓館25

その脇には和風の浴室がありました。

貴賓館26

和風浴室の天井は明るい緑色、モダンで素敵な天井を見上げながら入浴が出来るスペース。

貴賓館27

さらに洋風の浴室も完備。貴賓館ですからね、外国からの来賓が使う事もあったのでしょう。

貴賓館30

浴室があった部屋から再び玄関へ。入ってきた玄関方向を見てみると、両側に階段があり重厚で豪華なエントランス。古い洋館が持つ重厚感、落ち着いた雰囲気がとても素敵です。

貴賓館31

1階の見学を終えたので、続いて2階へと階段を昇りましょう。

貴賓館31

階段の手すりは一本の木から削り出されたもの、とても贅沢な木の使い方。さらに細かい装飾も施されていて豪華な造りです。しかも2階の踊り場がとても明るい。

貴賓館32

この明るさの素はこの大きな半円状の窓。この建物が建てられた当時は既に電機もガスもあったそうなのですが、電灯は今ほど明るくなかったそうです。そのため各所に明りを取り込む工夫がなされているんですね。

貴賓館33

ということで、ここまで見学してきた1階の平面図。事務室と書かれている部屋は非公開というか、現在も事務室として使われています。電話室の所はカフェの厨房のようになっていて、小使室が物販コーナーになっている部屋です。

ここまでで1階の見学を終え、次のページでは2階の様子を紹介します。

2階の紹介へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でハカテンをフォローしよう!

1

2

関連記事

  1. 聖福寺

    「聖福寺」博多の歴史観光スポット!日本最初の禅寺はデカかった。

  2. 西郷隆盛隠れ家跡、福岡天神の歴史地区!レトロな通りと玄洋社の碑

  3. 「竪町浜刑場跡」福岡藩の処刑場があった場所は天神ではなく大博町でした

  4. 商都博多の最南端はここだ!房州堀の石垣と辻ノ堂口門(博多千年門)付近

  5. 天神西通り3

    「天神西通り」福岡天神で最も勢いのある繁華街、旧城下町の名残りを残すストリート

  6. 「ちんめん あま太郎」福岡天神で昭和のB級グルメ、地元で愛されるロングセラー

  1. 天神元長

    「元祖ラーメン元長屋」天神でガンナガ系ラーメンを食べるならココ!

    2018.06.22

  2. 「中洲市場」博多の明太子ふくや発祥の地、昭和レトロな商店街

    2018.06.19

  3. 米らく博多

    「こめらく」博多駅デイトス地下で贅沢お茶漬けランチ!レポート

    2018.06.18

  4. 「食堂うめぼし」福岡天神・大名で遅めのランチ!早飲みも可能なお店

    2018.06.17

  5. 「星期菜」福岡シップスガーデンの中華レストランで中華そば

    2018.06.15

  1. 「食堂うめぼし」福岡天神・大名で遅めのランチ!早飲みも可能なお店

    2018.06.17

  2. 「自由亭」博多旧市街に見事な町屋のシブいレトロ食堂で玉子焼き定…

    2018.06.07

  3. 新生飯店15

    「新生飯店」天神の繁華街でタイムトンネルを発見した!レトロな路…

    2018.05.14

  4. 「丸万食堂」創業八十一年!博多川端のレトロな老舗大衆食堂でラン…

    2018.05.10

  5. 青木堂

    「一善めし青木堂」昭和レトロな大衆食堂!福岡天神の渋い飯屋

    2018.04.25

  1. 「冷泉町」博多旧市街のレトロ巡り、博多の歴史を感じる街歩き

    2018.06.12

  2. 「上呉服町」博多の旧市街、鎌倉時代の街並みが残るレトロな風景

    2018.05.03

  3. 「博多大水道」鎌倉時代に掘られた博多中心部を防衛する巨大な堀

    2018.04.30

  4. ジョーキュー13

    「ジョーキュー醤油」歴史観光も出来る!福岡・大名にある旧城下町…

    2018.04.22

  5. 「三角市場」福岡のディープ観光スポット!昭和レトロな闇市の末裔

    2018.03.30