「祇園マーケット」ぎんなん通り、博多川端のディープなレトロ観光ゾーン

祇園ビル

「祇園マーケット」正式名称は祇園アパートというそうですが、戦後の姿そのままに建つレトロなビルは別世界のようでした。

「祇園ビル」博多川端、櫛田神社のすぐ横にあるレトロ観光ゾーン。

福岡市営地下鉄の川端駅、川端商店街の出口から出てアーケードを抜けると正面に見えるビル。博多へ行ったことがあれば、一度は目にしたことがあるんじゃないでしょうか。「祇園マーケット(祇園ビル)」というそうなのですが、建てられたのは昭和25年。福岡市に現存する2番目に古い鉄筋コンクリートのアパートです。

戦後闇市の末裔か、旧博多駅前繁華街の面影

祇園ビル1

昭和39年に現在の場所へ移動する前、博多駅は博多区祇園という場所にありました。このビルが建つのは旧博多駅のすぐ近く。太平洋戦争敗戦時、大陸や半島から引き揚げてきた人たちはこの博多駅から列車に乗って故郷へと帰っていったそうです。そのためかこの界隈には闇市が広がり、大いに賑わっていたそうなんです。

祇園ビル2

川端商店街を出てすぐ正面、三角州のような形で建つビル。左へ続いて行くのは昭和の姿をそのまま残したレトロな「ぎんなん通り」。右手にはキャナルシティ博多へ続く遊歩道の入り口。正面に見えるのは国体道路。

祇園ビル4

ビルの反対側には、有名な老舗うどん店「かろのうどん」があります。

祇園ビル5

目の前が櫛田神社の南門「櫛田の焼きもち」で有名な、櫛田茶屋から入っていく路地は「銀杏通り」昭和レトロな露地です。旧博多駅のすぐ近くにあたる事から、おそらく駅前繁華街の名残りと思われます。

祇園ビル6

櫛田神社と祇園ビルに挟まれた「銀杏通り」の風景。まるで高度成長期の昭和にタイムスリップしたような姿、昭和レトロの懐かしい街並みをそのまま今に残す商店街。

ぎんなん通り側から見た祇園マーケットのビル。このレトロ感、圧巻ですよね。よくこの場所で、これだけ古いビルが残っていたものです。

祇園ビル8

さらにこのビル、テナントビル兼集合住宅としてまだまだ現役。入り口があったので中へ入ってみましょう。

戦後の動乱期に建てられたビル、一階の市場

祇園ビル12

一階部分は祇園マーケット、八百屋さんや鮮魚店が並んでいたそうです。今でも八百屋さんが営業していますね。

祇園ビル10

足元には排水用の側溝が彫られた通路、白い点線があります。かつては地域住民の台所として、大いに賑わったんでしょう。

祇園ビル11

更に奥へと続く通路、コチラは鮮魚店があったのでしょうか。

祇園ビル13

鮮魚店でよく見かける、下に氷を敷いて魚を並べるような台がたくさんあります。

祇園ビル14

中で二股に別れている場所がありました、先を見るとこちらも現役の青果店。八百屋の方がいたので挨拶すると、もうほとんどの人が出て行ってしまったとのこと。

祇園ビル15

ちょうど三角形の膨らんだ部分に吹き抜けがあるようですね、採光用でしょうか。

祇園ビル16

吹き抜けへ出てみました。完成当時は子供の遊ぶ声なんかも聞こえていたんでしょう、古いながらも生活感のあるビルです。

まだまだ現役、2階から上はアパートになっている

祇園ビル17

一階のマーケットから二階への階段が無かったため、いちど外に出てからアパートへ続く階段を上ると、ここはまだまだ現役のアパートでした。

台湾マッサージの看板があったんだけど、台湾マッサージとななんぞや??

祇園ビル18

中へと進んでいくと、これまたレトロ!というか、戦後すぐの建物の中ってこうなってたんですね。

階段を塞ぐための木の扉、鍵が付いています。防火扉にしては木製だし、吹き抜けがあったんじゃ密閉できないから意味ないですよね。防犯のためアパート部への入り口を施錠していたのでしょうか。これは実に興味深いですよ。

祇園ビル19

各部屋の玄関扉。扉は木製なんですけど、鉄製の外扉があります。これは防火用?それとも防犯用?とにかく、こんなの見たことがりません。

祇園ビル20

さすがに古い建物だけあって傷みはありますね、だからこそなんでしょう、リアルに時の流れを感じる事が出来ます。

傷んでいるところはありますが、まだまだ現役で建ち続けています。建築当初は、最先端を行く高級アパートだったのではないでしょう。

祇園ビル22

階段の踊り場に置いてあった自転車、比較的最近のものに見えます。立てかけてある網戸もアルミの枠ですね。

祇園ビル23

2階と3階がアパート、そして屋上へと続く階段を見つけました。壁がはがれた場所から木枠と鉄筋が見えます。

ビル屋上は井戸端会議の場?

祇園ビル24

屋上は広々としたスペース。

祇園ビル25

ここが屋上へと続く階段がある場所、どうですかこの古さ。出来た当時とほぼ変わらないんじゃないでしょうか、感動ものです。

階段を上りきると洗い場になっていて、ここは洗濯場だったんじゃないかと思われます。ここで住人同士が顔を合わせ洗濯をし、子供たちが屋上を駆け回っていたのかもしれませんね。

祇園ビル26

端っこから見渡すと、ビルの形状がよくわかります。三角州のような形状、国体道路側に一つ階が高くなった部分があります。

祇園ビル27

屋上のすぐ脇には櫛田神社。屋上から見る事が出来ます、ほんと博多の一等地。

祇園ビル28

コチラは川端商店街。

祇園ビル29

建物内に採光用と思われる三角形の吹き抜けがあるのですが、その一番上がここ。雨が入らないように樹脂製の波板が付けられています。

祇園ビル30

3階廊下から吹き抜け部を見下ろすとこんな感じ。

祇園ビル31

下りていく階段の途中にあった木枠の窓、レトロな写真が撮れました。

戦後の姿を今に残す貴重な生き証人

祇園ビル32

ビルから出てきて1階のお店。中に入って最初に見えていた八百屋さん。

祇園ビル33

そして二番目に見えていた八百屋さん。ここは一階の祇園マーケットへの入り口になっていたようです。

戦後すぐこのビルが建ち、高度成長期を経て現在へ。かつては地域の人々の台所として、多くの人でにぎわった市場だったのでしょう。こういうレトロビルを見ていると、世の移ろいというか、諸行無常というか、時代は流れ新しい街へと変わっていくリアルな時間(とき)の流れを感じることが出来ます。

祇園ビル34

かつての賑わいを感じさせる街並み、活気に満ち溢れた市場の面影、今は朽ちて行くレトロビル。こういうのを「寂び」というのでしょうね。どこか寂しく、愁いを感じる風景。日本人ならこの感覚が分かるはずです。

こうやって安川の目に触れるまで残っていたビル、なんとか大切に守っていってもらいたい。せっかくここまで来たなら、築100年まで残してもらいたい。安易に古い物を壊して、どこにでもあるような無個性なオシャレビルになったんじゃ悲しすぎるじゃないですか…ねぇ、そう思いません?

明治大正の建物は大切にされてるけど、そろそろ昭和初期や高度成長期の建物も評価されて良いんじゃないでしょうか。建物を守り残すからこそ、古くて価値のあるものになるのです。

「祇園マーケット(祇園ビル)」

住所:福岡市博多区上川端町2−2

Googleマップへ

※この記事は私が訪問した時のものです、現状と異なっている場合があります。予めご了承ください。

ちなみに、福岡で一番古い鉄筋コンクリート造の集合住宅はコチラ。

福岡に残る同じ闇市から発展したレトロな市場↓

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でハカテンをフォローしよう!

関連記事

  1. 「海元寺」博多旧市街石堂口、閻魔大王が鎮座する閻魔堂が有名なお寺。

  2. 博多の旧市街「奈良屋町」で見つけた昭和レトロ横丁、これはもう文化財級

  3. 「竪町浜刑場跡」福岡藩の処刑場があった場所は天神ではなく大博町でした

  4. 「西門通り」中世博多の歴史遺構、博多を守る土塁跡・第二元寇防塁

  5. 「麺を喰らう」の”元祖博多うっど~ん”博多に新B級グルメが誕生!うどん?ラーメン?

  6. ぼんぷらざ

    「ぽんぷらざ」川端商店街からキャナルシティ博多へ、通路にある下水道のPR施設

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. 青木堂

    「一善めし青木堂」昭和レトロな大衆食堂!福岡天神の渋い飯屋

    2018.04.25

  2. 「龍宮寺」博多の守護神『三宝大荒神社』と人魚伝説で有名なお寺

    2018.04.24

  3. 「本覚寺と入定寺」歴史を感じる博多大水道の跡とレトロな街並み

    2018.04.23

  4. ジョーキュー13

    「ジョーキュー醤油」歴史観光も出来る!福岡・大名にある旧城下町…

    2018.04.22

  5. 「平和楼」ダールー麺。福岡天神のど真ん中、あの中華料理店

    2018.04.19

  1. 青木堂

    「一善めし青木堂」昭和レトロな大衆食堂!福岡天神の渋い飯屋

    2018.04.25

  2. 博多の老舗ソースメーカー「コックソース」を知ってるかい?美味し…

    2018.04.18

  3. 昭和レトロ!ノスタルジックな博多うどんの老舗「因幡うどん渡辺通…

    2018.03.27

  4. デザインポケット

    キャナル博多の絶対おススメ店!食品サンプルの雑貨がすげぇ「デザ…

    2018.03.24

  5. 「福栄組合 博多川端店」はかた地鶏専門店の『ひつまぶし丼』

    2018.02.21

  1. ジョーキュー13

    「ジョーキュー醤油」歴史観光も出来る!福岡・大名にある旧城下町…

    2018.04.22

  2. 「三角市場」福岡のディープ観光スポット!昭和レトロな闇市の末裔

    2018.03.30

  3. 福岡の幕末!西郷隆盛を匿った江戸時代から続く老舗「福萬醤油」

    2018.03.05

  4. 「若八幡宮」博多の厄除け神社!江戸時代の力自慢が奉納した力石は…

    2018.01.29

  5. 「石堂口門跡と濡れ衣塚」殿様が通った博多の出入り口と濡れ衣発祥…

    2018.01.25