手作りちゃんぽん

福岡の早くて簡単!定番家庭料理といえば「チャンポン」なんだと思う。

ほら、お母さんが忙しいときとか、チョット今日はきついから手抜きでチャチャッと済ませようとか、そういう料理の定番ってあるじゃないですか。筆者の実家がある関西ではそれが「お好み焼き」だったりするんだけれども、福岡だとやっぱり「チャンポン」だと思うんですよね。

博多のソウルフードはチャンポンなんじゃないか?

お母さんが手抜き工夫した簡単料理って言うのは、地元で愛される、いわゆるソウルフードと呼ばれる料理とリンクしている気がするんです。大阪でお母さんが簡単に済ませたい時は「お好み焼き」が定番であるようにね。他所から移住してきた者からすると、博多ラーメンとか博多うどんとかイロイロ言うけども、福岡のソウルフードというのは実はチャンポンなんじゃないかと感じるんです。だってそうでしょう、福岡に来て思うのはメニューにチャンポンがある店が多いこと多い事、定食屋や中華料理店、ラーメン屋にうどん屋やカフェまで、至る所にチャンポンを食べさせてくれる店がある。スーパーに行けばチャンポンの麺やスープ、具材まで簡単に手に入る。ソウルフードというのは余所に向かってアピールするものではなくて、気が付いたらというかあまりにも定番すぎて地元の人の意識にものぼらないうちに食べている物じゃないかと、そして福岡のソレはチャンポンじゃないかと思うんです。

美味しい福岡グルメは数あれど、なんだかんだで地元で一番愛されている料理っぽく見えるチャンポン。休日の昼食を何にしようか迷っていて、弁当を買うのも味気ないしパパッと作ってみることにしました。福岡に住んでいるとね、ほんと作っちゃうんですよ、簡単だから。

チャンポンの材料を買いに行く

手作りちゃんぽん1
福岡市内の農家が出品する農産物直売所「じょうもんさん」

福岡は都会と田舎が共存していて、そのいいとこ取りが出来る素晴らしい街。ちゃんぽんの具と言えば何と言っても野菜、その野菜を買いに近所の直売所へとやってきました。この直売所の周りは一面の田園風景、見渡す限りの畑が広がっているんだけど、普通に福岡市内だからね。

手作りちゃんぽん2
店内には近所の農家が今朝並べたばかりの新鮮野菜がずらり。

手作りちゃんぽん3
ギュッと締まってない早生キャベツにするか、普通のキャベツにするか迷うところ。

チャンポンの具で定番といえばもやしなんだけれども、どうしてもあの味が好きになれない。なのでキャベツをメインにして後は適当に作ってみようと思う。焼いて煮るので、ここでは柔らかい早生よりも普通のキャベツをチョイス。早生も柔らかくて美味しいんだけどね。

手作りちゃんぽん4
福岡のご当地スーパー、にしてつストアのレガネット。

残りの具を買うためにスーパーへ、福岡にはご当地スーパーが何社かあって地元ならではの食材が売られていたりする。16の県に引っ越したんだけれども、地域の人たちの食生活が良く分かるので楽しいんですよ。

手作りちゃんぽん5
レガネットで売られていた蒸しチャンポン。

麺売り場に来てみると、ゆで麺でチャンポンが沢山売られているのは当たり前として、なんと北九州の戸畑チャンポンで有名な蒸し麺が売られていました。佐賀に行くと生めんタイプも売られていたりして、チャンポンと一言で言ってもなかなか奥が深い。

今日は珍しい蒸し麺を使ってみます。

手作りちゃんぽん6
チャンポン麺と一緒に売られているスープ、粉末と液体タイプがあります。

一緒に販売されているチャンポンスープには粉末と液体があり、粉末はなんとなく味気ないので液体スープをチョイス。一人分しか作らないので希釈タイプではなくストレートスープでいきましょう。あとは家にある材料と合わせてチャチャッと作ります。

簡単で手間いらず、具沢山チャンポンを作る

手作りちゃんぽん7
直売所で購入した朝採れキャベツ

手作りちゃんぽん8
スーパーで買って来た蒸しチャンポン麺とストレートスープ、練り物のちゃんぽん・焼きそばの具。

キャベツは新鮮な朝採れキャベツ、生産者名もちゃんと入った直売所で買ったもの。普通のスーパーなんかだと外側の葉の部分は剥がされていて、艶のある固い玉だけになってるんだけど、直売所のキャベツは大きな外側の葉が付いたまんま。新鮮な証拠です。

スーパーで購入したのは麺とスープ、後は練り物の盛り合わせみたいな具のセット。これに家にあった人参と豚コマを使えば具沢山のチャンポンになるず。


材料は適当にカットしてみました。

キャベツと人参は麺と一緒に食べやすいようにやや細目にカット、豚コマも適当なサイズに切っています。

手作りちゃんぽん10
切った野菜を、熱してオリーブオイルをチョット入れた中華鍋に投入。

手作りちゃんぽん11
ささっと炒めたところへ豚肉を

手作りちゃんぽん12
豚肉に火が通りかけたらチャンポン・焼きそばの具を入れて軽く炒める。

手作りちゃんぽん13
具を炒めたらそのままスープをジャバッと入れる。

チャンポンって本当に簡単なんですよ、スープを一から作るとか言い出すと家庭じゃ無理っぽいけど、福岡には簡単に作れる材料がスーパーで売られています。材料のカットもアバウトというか、敵というにザクザク切るだけ。中華鍋一つで炒めて煮て、麺を入れるだけ。

手作りちゃんぽん14
スープを入れたら続いて湯に通しておいた蒸し麺を入れる。

今回は蒸し麺を使っているので事前に湯通ししているけども、ゆで麺を買ってくればそれすら不要。麺をそのまま入れるだけ。生めんも事前にゆでる麺、生めんはモッチリして美味しいんです。ただ西鉄ストアでは売ってませんでした…残念。売ってるスーパーもあるんだけどね。

手作りちゃんぽん16
そのまま軽く煮込んだら完成。

ラーメンとチャンポンの違いは何かと調べてみたら、麺と具とスープを別々に作るとラーメンで、全部一緒に煮込んだらチャンポンらしい。最後は全部一緒に煮込むからこそ全体の調和がとれるというか、美味しくなるのがチャンポンなんだよね。

手作りちゃんぽん17

軽く煮込んでドンブリに盛り付けると出来上がり、ほんと野菜のカットから初めて30分もたってません。パパっとできて野菜もたくさん食べられて、しかも美味しいというお手軽な手抜き料理。大盛にしたければ、この倍で作ればいいだけなので手間は同じ。しかも洗い物も最小限に出来るという優れもの。

大阪や兵庫といった関西ではあまりスーパーでチャンポンを見かけないんだけれども、福岡にはチャンポンがある。やっぱ地元で愛されている料理だけに、どこでも手に入るんですね。

手作りちゃんぽん18

戸畑チャンポン特有の蒸し麺タイプのチャンポンも、なんとなくスナック麺っぽさがあって独特の食べごたえ。戸畑まで実際に食べに行ったこともあるけど、お店の麺と比べてそん色ありません。スープなんかの味は違うけどね。

長崎だけじゃない、福岡もチャンポンだった

今回のチャンポンは殆ど味付けはしてなくて、塩コショウくらいしようかと思ったけど塩分は控えたいし…オッサンだから。それでもスープも美味しくて、練り物と豚の旨みがシッカリ、野菜もいためて香ばしくなってるから十分味は濃かったです。

やっぱ地方移住はいいもんですよ、チャンポン作るだけでも朝採れ新鮮キャベツが簡単に手に入ったりするし。福岡タワーが見える場所で、普通に広大な農地が広がってますからね。季節に応じてチャチャッと新鮮野菜を使った家庭料理が楽しめる。今回はキャベツの4分の1も使ってないんだけれど、残った分はキャベツタレで生のままバリバリやるのが美味しいんです。

福岡のキャベツタレ、知りません?てか、筆者も福岡に来て初めて知ったんだけど。また機会があったら紹介しましょう、美味しいから、マジで。

福岡は野菜も魚もウマい!料理として美味しく食べさせてくれる店となると東京がやっぱりダントツだけど、素材が持つ本当の美味しさを味わえるのは地方の産地ならでは。これは都会じゃなかなか真似できません。う~ん、いい街だ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でハカテンをフォローしよう!

関連記事

  1. 「ホテビア」ホテルセントラーザ博多の屋上でビアガーデン始まるよ!2018年5月9日から9月30日

  2. 「経済大国としての日本は終わります」終わらせ方が大事なので政治家さん仕事してください。

  3. 天地下新店

    2018年の3月なんだけども、天神地下街に素敵な店がオープンしていました

  4. 「キン肉マン公式ショップ」天神ビブレ5階にオープンしてました

  5. 福岡市科学館で開催中の恐竜展に行ってきた!家族で出かけたいイベント

  6. アートアクアリウム展2018福岡博多駅ビルで開催!早速レビュー書きます

  7. 実際に福岡市へ地方移住して実感、田舎暮らしは地方都市が最適解だと思う

  8. 「大坂なおみ」の二重国籍問題、落ち目の日本よりアメリカを選択すべき

  9. JR博多シティアミュエストに「キース・へリング×ブルックリン・ロースティング・カンパニー」の期間限定ショップ

  1. 柳橋連合市場「柳橋食堂」で海鮮丼ランチのC定食!食べて来たレビュー

    2018.09.16

  2. うどんブームと騒がれる福岡で「うどんウエスト」はもっと高く評価…

    2018.09.09

  3. 明太子と味噌の融合、味蔵の「博多みそ明太」を付けて食べるとピリ…

    2018.09.08

  4. はなび福岡

    「はなび」台湾まぜそばの元祖、福岡天神に初出店!食べて来たレビ…

    2018.09.02

  5. 「天神炒飯」大名にある炒飯専門店で贅沢な肉盛りチャーハンを食べ…

    2018.09.01

  1. はなび福岡

    「はなび」台湾まぜそばの元祖、福岡天神に初出店!食べて来たレビ…

    2018.09.02

  2. 「博多屋台一幸舎」博多駅一番街で食べてきました!原点回帰「屋台…

    2018.08.15

  3. プルーム天神1

    「Ploom Shop 天神店」プルームテックの店に行ってきた!カフェ”REC…

    2018.08.08

  4. 「麺や兼虎 天神店」濃厚な魚介スープ、辛くて旨い!ラーメンを食べ…

    2018.08.07

  5. マンハッタンロールアイスクリーム、天神の福岡大名店に行ってきた…

    2018.08.01

  1. 「チーズ アンド バー」今泉の隠れ家のようなカフェバーでチーズプ…

    2018.07.12

  2. 「福岡天神・大名の街並み」江戸時代の面影を残す旧武家屋敷街、現…

    2018.06.28

  3. 「冷泉町」博多旧市街のレトロ巡り、博多の歴史を感じる街歩き

    2018.06.12

  4. 「上呉服町」博多の旧市街、鎌倉時代の街並みが残るレトロな風景

    2018.05.03

  5. 「博多大水道」鎌倉時代に掘られた博多中心部を防衛する巨大な堀

    2018.04.30

error: