「博多荘」現存する最古の老舗博多ラーメン店!ワンタン麺発祥の店

博多で現在も営業中のラーメン店では最も古いといわれるラーメン店、中洲のど真ん中にありました。

「博多荘」中洲にある博多ラーメンの老舗、今でも人気のおススメ店

ご当地ラーメンの草分けともいえる博多の豚骨ラーメンですが、一番古いお店はどこなんだろうと何気なくググって見つけたのが「博多荘」というお店。博多に初めてラーメンが登場したのは1941年ごろと言われているんだけれども、博多荘がオープンしたのはその5年後、1946年のこと。ちょうど敗戦の翌年。開店当初のラーメンは現在のような白濁した豚骨スープではなかったとのことですが、そもそも博多には今のような白濁した豚骨ラーメンは無かった時代のこと。それから時代は流れ、博多ラーメンの主流である白い豚骨スープになったのです。

さらに博多荘はワンタンメン発祥の店といわれていて、なるほどエースコックのワンタンメンも豚骨だったなぁと、子供の頃に大好物だったインスタントラーメンを思い出しつつ地下鉄に揺られて中洲に到着。

博多荘1

現存する博多ラーメン最古の老舗、博多荘があるのはこの中洲のメインストリート沿い。市営地下鉄中洲川端駅から中洲へ、地上に出るとこの日は雪が降っておりました。店はこのまままっすぐ直進。

博多荘2

とても分かり易い看板、元祖ワンタン麺の提灯がかかったお店が博多荘。

博多荘3

ほんと中洲のど真ん中、飲食ビルが立ち並ぶ中にある博多荘。夜は多くの人で賑わう通りだけれども、昼はこんな感じでガラーンとしております。

博多荘7

店の入り口には博多荘を紹介する説明文が貼ってありました。昭和21年の創業、博多ラーメンの元祖的な存在で「ワンタンメン発祥の店」としても有名。ゲームの龍が如く5では永洲街の「博多荘」として登場。

博多荘4

とにかく寒くて寒くて、急いで店内に入るとスタッフから「寒かったでしょぅ」と声をかけられました。店内は思ったより広くて、オープンキッチンにテーブル席がメイン。カウンターもキッチン前に少しだけあります。

博多荘5

お好きな席へどうぞといわれたので、奥のテーブル席へ。ここから見る店内、とてもレトロで素敵なお店。山笠関連の写真が沢山飾ってあり、博多荘の創業者が博多祇園山笠「中洲流」の発足に尽力した方なのだとか。

博多荘6

まずはメニューを見てみましょう…何を注文するかほとんど決まってるんだけれどね。11:30から14:00まではランチタイムとしてランチセットや定食があります。

博多荘8

場所が飲み屋街のど真ん中だけに、一品料理も充実。

博多荘9

チャンポンに皿うどん、焼きそばとご飯もの。福岡ってチャンポンがメニューにあるラーメン屋が多いんですよ、なにげにチャンポン王国なのかも。焼きそばにちゃんぽん麺を使ったりするし。

博多荘10

注文を終えて窓の外を見てみると、そこはまさに大人のワンダーランド。貧乏人の安川には遠い世界だけれども、いつかは俺も!と思わなくもない。とりあえず中洲は飲み屋や風俗だけでなく、グルメスポットとしても熱いエリアなので取材に来れるように頑張らねば。

博多荘11

テーブルの上に置かれた調味料はとてもシンプル。餃子タレ、ラー油、胡椒にゴマ。

博多荘12

しばらくして注文の品が到着。もちろんワンタン麺ですよ、ワンタン麺発祥の店と聞かされて、初見で頼むのはコレしかない。

ちょっとマメ知識系なんだけれども、このどんぶりに書かれた文字。喜という字が二つ並んでいるんだけれど、これは結婚を祝う文字。中の良い夫婦を表していて、祝いの席で使われた文様なのです。

博多荘13

まずはスープから、いつものようにズズっと…うん、じわ~っと優しいスープ、見た目は油が凄いんだけれども優しい滋味系スープ。臭みも気にならないんだけれども、今風の博多ラーメンとは違います。五臓六腑に染み渡るといいますか、口に入れた瞬間からガツンと来るエッジの利いた味ではなくて、ソフトな口当たりで程よい塩けと旨みがジワーッと広がる感じ。

博多荘14

麺は博多ラーメンの代名詞ともいえる極細ストレート。このスープにこの麺、長浜のラーメンと同系統。

博多荘15

面もズルズルいけちゃいます、スープの旨みがダイレクトに乗っかる極細ストレート麺。

博多荘16

続いてチャーシュー。味付けは控えめで、豚のうま味、脂の甘みを感じる美味しいチャーシュー。

博多荘17

そして準主役級の具である「ワンタン」なんだけれども、かなり本格派の具がギュッと詰まったワンタン。トロッとした皮の中にプリプリした具が入っていて、味付けもシッカリ、食べごたえのある美味しいワンタン。

ラーメンとしては最近流行のガッツリこってり系じゃないのでトレンドにのってはいないのだろうけども、スープのベースがとにかくシッカリしているのでアッサリしているように感じるけど、実はコクがあるグッとくる芯の太いスープ。

昔のラーメンはこうだったんだろうね、ここにいろんな物が足されたりして今の博多ラーメンがあるんだと思う。豚骨醤油だとか魚介豚骨だとか鶏ガラ豚骨だとかね。

という事で昔ながらの豚骨ラーメンが食べられる、博多で一番古い店。博多以外から来た人なんかを連れて行ってあげると喜ぶんじゃなかろうかと思うんですよ、おススメのお店として紹介しやすいですよね。

「博多荘」
住所:福岡市博多区中洲4-3-16

Googleマップへ

営業時間:11:00~14:00、18:00から翌3:00
定休日:不定休

※この記事は私が訪れた時のものです、現状と異なる場合があります。最新情報、詳細はご自身で確認することをおすすめします。

博多荘公式Facebookページ⇒https://www.facebook.com/hakatasou/

博多荘(Retty)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でハカテンをフォローしよう!

関連記事

  1. ぼんぷらざ

    「ぽんぷらざ」川端商店街からキャナルシティ博多へ、通路にある下水道のPR施設

  2. あかちょこべ

    「博多あかちょこべ」博多櫛田神社の近くで個性派うどんランチを食べる

  3. 「市場ずし魚辰」超新鮮!福岡の鮮魚市場にある回転ずし、旨くて入りやすい店

  4. 円覚寺

    「円覚寺」博多御供所町にあるお寺と鎌倉幕府執権北条氏の三つ目鱗

  5. 川端ぜんざい

    「川端ぜんざい」博多川端商店街の名物を食べてきました!

  6. 「竪町筋と遠藤家」博多に残る築250年の古民家と、戦後引揚げ者139万人が歩いた道

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


  1. 青木堂

    「一善めし青木堂」昭和レトロな大衆食堂!福岡天神の渋い飯屋

    2018.04.25

  2. 「龍宮寺」博多の守護神『三宝大荒神社』と人魚伝説で有名なお寺

    2018.04.24

  3. 「本覚寺と入定寺」歴史を感じる博多大水道の跡とレトロな街並み

    2018.04.23

  4. ジョーキュー13

    「ジョーキュー醤油」歴史観光も出来る!福岡・大名にある旧城下町…

    2018.04.22

  5. 「平和楼」ダールー麺。福岡天神のど真ん中、あの中華料理店

    2018.04.19

  1. 青木堂

    「一善めし青木堂」昭和レトロな大衆食堂!福岡天神の渋い飯屋

    2018.04.25

  2. 博多の老舗ソースメーカー「コックソース」を知ってるかい?美味し…

    2018.04.18

  3. 昭和レトロ!ノスタルジックな博多うどんの老舗「因幡うどん渡辺通…

    2018.03.27

  4. デザインポケット

    キャナル博多の絶対おススメ店!食品サンプルの雑貨がすげぇ「デザ…

    2018.03.24

  5. 「福栄組合 博多川端店」はかた地鶏専門店の『ひつまぶし丼』

    2018.02.21

  1. ジョーキュー13

    「ジョーキュー醤油」歴史観光も出来る!福岡・大名にある旧城下町…

    2018.04.22

  2. 「三角市場」福岡のディープ観光スポット!昭和レトロな闇市の末裔

    2018.03.30

  3. 福岡の幕末!西郷隆盛を匿った江戸時代から続く老舗「福萬醤油」

    2018.03.05

  4. 「若八幡宮」博多の厄除け神社!江戸時代の力自慢が奉納した力石は…

    2018.01.29

  5. 「石堂口門跡と濡れ衣塚」殿様が通った博多の出入り口と濡れ衣発祥…

    2018.01.25