「カルビープラス」揚げたてが食べられる博多阪急の特別なカルビー

ポテトチップスで有名なカルビーの直営店が博多阪急にあるのです。ここでしか買えない商品や、揚げたてフードメニューが食べられるイートコーナーもあり。

「カルビープラス博多阪急店」に行ってきた

カルビープラス、知ってますか?「カルビー」はもちろん「Calbee」ですよ、あの有名な「ポテトチップス」や「かっぱえびせん」のメーカーです。今回お邪魔した「カルビープラス」は、そんな大人気お菓子メーカー直営店。特別な商品を販売しているお店。この記事を書いている時点では日本に11店、香港に1店の計12店舗あるんだけれども、福岡には博多阪急の地下1階にお店があります。

カルビープラスで売られている商品は普通のスーパーやコンビニで見かけるカルビーとは一味違う、高級路線というかこだわりの商品が並んでいます。さらに揚げたてのポテトチップスや、あの「じゃがりこ」から派生した「ポテりこ」という特別メニューを食べられるフードコーナーも備えたお店。

特別なポテチ、匠のかっぱえびせんetc…

カルビープラス
アミュプラザ側からみたカルビープラスの外観。

博多のカルビープラスがあるのは博多阪急の地下1階なんだけれども、阪急の扉をくぐって中に入るのではなくアミュプラザと博多阪急の間にある通路沿い、外側に面しています。

カルビープラス2
人気商品のエッセンポテト、各地域ごとの限定商品もあります。

カルビープラスの人気商品と言えばこの「エッセンポテト」でしょうね、じっくり寝かせて甘みを引き出したポテトを使用し、ポテトの味をおもいっきり楽しめるように厚くカットして揚げたという逸品。

カルビープラス3
博多阪急店限定の明太子バター味、ポテトが出会った九州の味。

カルビープラス4
こちらも博多阪急店限定の「九州しょうゆ味」お酒とも合う和の旨み。

エッセンポテトには博多阪急店限定の明太子バター味と九州しょうゆ味が売られています。明太子バターとかポテトに合うに決まってますよね、想像しただけでも外しようがない鉄板の組み合わせ。少し甘めでコクの強い九州の醤油とも相性良さそう。

他にレギュラー商品として「石垣の塩味」「有明海苔味」「金色のコンソメ味」がありました。

カルビープラス5
じゃがりこ地域の味シリーズとえびせんショコラ

カルビーといえばポテトチップスだけじゃありません、じゃがりこも美味しいですよね。お店には地域の味シリーズとして8地域、8種類のじゃがりこをパッケージにした商品も販売されていました。

カルビープラス6
かっぱえびせん「匠海」シリーズ

やめられない止まらない、エビの旨みがたまらない「かっぱえびせん」の高級仕様。これほんと美味しいんですよ。

カルビープラス7
通常よりも大きく食べ応え抜群、美味しさも濃厚で止まらなくなる「かっぱえびせん匠海」

かっぱえびせん匠海は以前ここに来た際に買って食べたことがあって、生々しいリアルな海老の旨みと控えめの塩味、かっぱえびせんの常識が覆る美味しさでした。

カルビープラス8
オリーブオイルだけで揚げたヘルシーなポテトチップス、アンチョビガーリック味とラクレットチーズ風味。

カルビープラス9
創業360年という老舗メーカー「七味屋」の人気商品。江戸時代から守られてきた秘伝の七味唐辛子が味わえます。

とにかく普段は見かけないようなカルビーのこだわり商品が売られていて、どれもこれも美味しそうで目移りしてしまう。誰もが知る人気メーカー、いつもどこかで誰かが食べているカルビーのスナック。そんな国民的人気商品の、スペシャリティが並ぶカルビープラス。

九州各地の皆さん、博多に来たら寄らなきゃ損でしょ。

揚げたてホクホク!イートスペース

カルビープラス10
揚げたてを食べられるフードコーナー、イートスペースもあります。

カルビーのスペシャル商品が並ぶ店内。だけどね、カルビープラスの魅力はそれだけじゃないんです。なんと揚げたてのフードメニューも楽しめるんですよ。

カルビープラス11
外からも良く見えるガラス張りのキッチン

カルビープラス12
カルビープラス博多阪急店のフードメニュー。

売り場に併設されているガラス張りのキッチン、ここでは出来立ての特別メニューを味わうことが出来ます。

メニューの内容は

  • ポテトチップス九州醤油味
  • ポテトチップス石垣の塩味
  • ポテトチップスチョコ&チョコ味
  • ポテりこサラダ
  • ポテりこチーズ
  • ポテチュロしお味
  • ポテチュロシナモンシュガー味
  • ポテチュロココア味
  • 北海道ソフトクリーム
  • 北海道ソフトクリーム+スイートチョコソース
  • チョコ&チョコ味ソフトクリーム

他に季節限定メニューと各種ドリンクがありました。

ポテチュロというのは、小麦粉で作るチュロスという細長い揚げパンみたいな菓子があるんだけれども、それをポテトで作ったもの。外はカリッ、中はモッチリというネットで話題になった商品。ポテりこはじゃがりこから生まれたフードメニューで、潰したポテトをスティック状にして揚げたもの。

カルビープラス13
カルビープラスのフードメニュー、ポテりこチーズ。

全てがカルビープラス限定メニューだけに、ポテトチップス、ポテチュロ、ポテりこと3種くらいは食べたかったんだけれども、主に予算の都合でポテりこチーズだけの紹介になります…年収300万以下の非正規中年なのよ、こんなブログ書いてるけど。予算にも限りがありまして、致し方なし。

カルビープラス14
サックサクのフワフワ、アップにしてみると分かるかな。

カルビープラス15
揚げたてアツアツ、カリカリのポテりこ。

とりあえず一本食べてみると、すんげぇ美味しい。じゃがりこってカリカリというかガリガリという感じで中も硬いけども、ポテりこは表面だけカリッとしていて中はフワッフワ、柔らかいポテトがギュッと詰まったスティックなんです。

ジャガイモの甘味とうま味が優しくじわ~っと広がって、後からチーズの風味が全体を包み込むような感じ。塩味は控えめで、チーズもわざとらしくなく嫌味が無い。薄すぎず前に出過ぎずというバランスのいい味付け。ボリュームもありますよ、コレ。

いやいやいや、揚げたては美味しいね、マジで。

カルビープラス16
カルビープラス博多阪急店のイートスペース

キッチンの横にはそんなに広くはないけどもちゃんとしたイートスペースも設けられていて、ナフキンや持ち帰り袋も完備。あまったら持ち帰れるのは有り難いんだけれども、やっぱ揚げたてだからこその美味しさがあると思うんですよ。出来るだけ揚げ立てを食べきりたいですよね。

お店情報

カルビープラス17
じゃがりこのパッケージがプリントされたメラミンカップ、店内で販売されています。

「工場で食べる揚げたての美味しさを食べてもらいたい」というカルビーの思いから生まれたカルビープラス。店内で作られるフードメニューのポテトチップスは工場で作っている製造工程と同じ、工場で食べる揚げたての味を楽しめるお店なのです。味が落ちる冷凍を使わず生のジャガイモを使っているというこだわり、だからこその美味しさ。

カルビープラスでしか手に入らないスペシャルなカルビー製品の数々。たまには特別なカルビーで、贅沢なポテチタイムなんてのも良いんじゃないでしょうか。

「カルビープラス博多阪急店」
住所:福岡市博多区博多駅中央街1-1 博多阪急地下1階
営業時間:日曜から木曜10:00から20:00、金曜・土曜10:00から21:00
揚げたて商品提供時間:日曜から木曜10:00から19:00、金曜・土曜10:00から20:00

※この記事は私が訪れた時のものです、現状と異なる場合があります。最新情報、詳細はご自身で確認することをおすすめします。

カルビー公式(カルビープラスページ)⇒http://www.calbee.co.jp/calbeestore/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でハカテンをフォローしよう!

関連記事

  1. 「らーめん二男坊」博多駅の麺街道、福岡ラーメン総選挙1位の店に行ってきた

  2. 井戸端

    ひとり水炊きも楽しめる博多川端の「井戸端」で水炊きラーメン

  3. 「店屋町ビル」博多に現存する福岡市最古の鉄筋コンクリート製アパート

  4. 大乗寺跡

    「大乗寺跡」鎌倉幕府が残した中世博多の遺構、川端商店街スグそばの石碑群

  5. 博多土産に最適!「元祖長浜屋のカップラーメン」味のマルタイ製

  6. 博多町屋ふるさと館

    「博多町家ふるさと館」口コミレポート!博多の下町レトロ観光スポット

  1. 天神元長

    「元祖ラーメン元長屋」天神でガンナガ系ラーメンを食べるならココ!

    2018.06.22

  2. 「中洲市場」博多の明太子ふくや発祥の地、昭和レトロな商店街

    2018.06.19

  3. 米らく博多

    「こめらく」博多駅デイトス地下で贅沢お茶漬けランチ!レポート

    2018.06.18

  4. 「食堂うめぼし」福岡天神・大名で遅めのランチ!早飲みも可能なお店

    2018.06.17

  5. 「星期菜」福岡シップスガーデンの中華レストランで中華そば

    2018.06.15

  1. 「食堂うめぼし」福岡天神・大名で遅めのランチ!早飲みも可能なお店

    2018.06.17

  2. 「自由亭」博多旧市街に見事な町屋のシブいレトロ食堂で玉子焼き定…

    2018.06.07

  3. 新生飯店15

    「新生飯店」天神の繁華街でタイムトンネルを発見した!レトロな路…

    2018.05.14

  4. 「丸万食堂」創業八十一年!博多川端のレトロな老舗大衆食堂でラン…

    2018.05.10

  5. 青木堂

    「一善めし青木堂」昭和レトロな大衆食堂!福岡天神の渋い飯屋

    2018.04.25

  1. 「冷泉町」博多旧市街のレトロ巡り、博多の歴史を感じる街歩き

    2018.06.12

  2. 「上呉服町」博多の旧市街、鎌倉時代の街並みが残るレトロな風景

    2018.05.03

  3. 「博多大水道」鎌倉時代に掘られた博多中心部を防衛する巨大な堀

    2018.04.30

  4. ジョーキュー13

    「ジョーキュー醤油」歴史観光も出来る!福岡・大名にある旧城下町…

    2018.04.22

  5. 「三角市場」福岡のディープ観光スポット!昭和レトロな闇市の末裔

    2018.03.30