博多の川端商店街で宮崎名物「釜揚げうどん」を食べる!チキン南蛮もね

宮崎に住んでいた時に、飲んだ後は必ず立ち寄った「戸隠」という釜揚げうどんのお店。宮崎では知らない人がいないというほどの有名店、あの味が忘れられずに行ってきました。

宮崎のソウルフード「釜揚げうどん」

うどんと言えば日本人のソウルフードと言いますか、ジャパニーズスタイルのファストフードと言いますか、とにかく全国各地でそれぞれ地元に根差したうどんがあって、多くの人に愛される食べ物ですよね。福岡にも当然ながら福岡ならではのうどんがあって、博多うどんを初めて食べた時はグダグダにのびた柔らかいうどんに驚きました。で、こんかい訪れたお店はネットでググると「戸隠」という名前で検索にヒットして、まさかあの宮崎の超有名店が博多にあるのかよ!と、居てもたってもおられずに食べに行った次第なのであります。

宮崎名物の釜揚げうどん戸隠の名前はないけれど…

釜揚げ1
川端商店街に店を構える釜揚げうどんの外観

ネットでは戸隠の中洲川端店になっているお店、看板には戸隠の文字は一切入っておりません。どうなんでしょ、関係が気になるところ。

そもそも戸隠とは何なのかと思う人が居そうなのでのでザックリ説明させていただくと、戸隠とは宮崎で最も有名と言っても過言ではない釜揚げうどんの名店のこと。賑やかな繁華街にあるお店で、飲みに行ったら締めは戸隠というのが宮崎市民の定番。それはもう美味しいうどんなのですよ。

筆者は1年ほど宮崎に住んでいたので、何度もお世話になったお店。そんな思い出の味が博多で味わえると聞いたなら、行かないわけには参りません。あの味をもう一度!なのであります。

釜揚げ2
店頭に掲げられたメニュー

お店の前に立つと戸隠の文字がない事が気にはなったのですが、ググってみると出店時は戸隠と書かれていたそうです。それがいつの間にか無くなっていたとのこと。口コミによると味は殆ど変わっていないそうなので一安心。というか、とっても期待が高まります。さらにとどめは宮崎名物のチキン南蛮と釜揚げうどんのセットがあるということ。これは贅沢だ。

釜揚げ3
釜揚げうどんの店内

期待に胸を膨らませながら店内へ、間口は狭く奥に長い造りになっていてカウンターはなくテーブル席がずらっと並んでいます。

釜揚げ4
奥には広めのテーブル席も

真っ直ぐ奥に入って左側には4人掛けのテーブル席もありました。外観から想像するよりも席数が多い、スタッフ二人でやっていたんですけど大変そうでした。とりあえず一人での来店なので手前の二人掛けのテーブル席へ、注文は決まってるんですけどね、とりあえずメニューをチェック。

釜揚げうどん中洲川端店のメニュー

釜揚げ5
ランチメニュー。釜玉のバリエーションが博多っぽい。冷や汁セットは宮崎名物ですね。

釜揚げ6
まる天にごぼ天、コチラもかなり博多を意識したメニューです。

釜揚げ7
そして宮崎名物の豪華コラボレーション、釜揚げうどんとチキン南蛮

宮崎の戸隠ではこんなにメニューが無かったと思うのですが、こちらではかなり博多を意識したメニューが目立ちます。とりあえずメニューを書き出してみると

セットメニュー

  • 牛丼セット
  • ねばねば丼セット
  • 冷や汁セット
  • 玉子かけご飯セット
  • いなりセット
  • おにぎりセット
  • お子様ランチ

一品もの

  • 釜揚げうどん
  • 肉ごぼ天釜玉うどん
  • 明太釜玉うどん
  • しらす高菜釜玉うどん
  • めんのみ、だしのみ

あとはトッピングに玉子かけご飯やおにぎり、いなりといったご飯もの。メニューとは別のポップにまる天とごぼ天を使ったうどん、そして釜揚げうどんとチキン南蛮のセット。

注文はもちろん「釜揚げうどんチキン南蛮セット」これしかないでしょ、この豪華な組み合わせを食べるために入って来たんですから。

宮崎グルメ夢の競演

釜揚げ8
釜揚げうどんとチキン南蛮セット

注文してから待つこと数分、やってきたのがこのセット。どうですか贅沢な組み合わせ、主食のご飯の代わりに宮崎名物の釜揚げうどん。

釜揚げ9
宮崎で食べたのと同じ少し細目の麺、熱々の湯につかったまま出て来る釜揚げうどん

釜揚げ10
ネギと揚げたまで埋め尽くされたツユ。これも宮崎で食べたときと同じ。

さて、まず気になるのは釜揚げうどん。戸隠の文字が看板にないのが気になっていて、味はいったいどうなのか…ツユをずずっとひとくち飲んでみると、濃いうめぇ!そうそうこの味、博多風みたいに甘くない、エッジのきいた鰹がガツンとくる、とてもコクがあって旨みの強いツユ。

釜揚げ11
細めのうどんとコクがあって強い味のつゆが良く合う。

うどんを掬ってツユにつけ、ゾゾッと啜ってみる。うん、美味しい。宮崎で食べたあの味です、細麺だからツユがよく絡む。そして甘さ控えめ、ダシと醤油の香りがシッカリする。久しぶりに味わう宮崎の釜揚げうどん、ツルツルッと気持ちよく口の中に入ってきてうどんを掬う手が止まらない。

釜揚げ12
チキン南蛮は写真と比べてやや小ぶりに見えるが…

釜揚げ13
肉厚のプリプリしたモモ肉

続いてはチキン南蛮。写真より小さく見えるのは値段が680円ですから、これは納得。ただ厚みがあって食べごたえのある鶏もも肉。そして何と言ってもタルタルソースが美味しい、既製品ではなくて自家製の優しい味がする。玉ねぎの味がグッと前面に出ていて、フルーティーで味はシッカリしてるけどキレがいい。これもっと食べたい、タルタルをいっぱいかけてとお願いしたくなるほど。

久しぶりに味わう宮崎の味、とても美味しかった。宮崎は鶏肉の産地だけあって、とても鶏肉が美味しいんです。あぁ地頭鶏(じどっこ)食べたい。また宮崎に行くかな…

やっぱてげてげですよ

宮崎の人っておおらかというか、いい意味でいい加減なところがあるんですよね。だから人に対してもとても寛容で、すごく居心地のいい場所なんです。待ち合わせの時間に遅れるなんて当たり前、日向時間なんて言ってましたけどね。宮崎の人がよく使う言葉に「てげてげ」というのがあって、これは「ほどほどに」とか「てきとうに」という意味なんです。

福岡の人はどちらかというと潔癖というか、自分が一番正しくて他は認めないというようなところがあって、とにかく人に説教するのが大好き。宮崎のてげてげ文化になれてしまうと、福岡は息苦しく感じるほど。筆者は関西出身で、関西も「まぁえ~やんけ」とか「しゃ~ないな」文化なので宮崎は波長が合うのかもしれませんね。福岡は几帳面すぎてチョット息苦しいのが玉にキズ。

ということで宮崎の思い出に浸ることが出来た釜揚げうどん、舌も心も満足できました。



「釜揚げうどん中洲川端店」
住所:福岡市博多区上川端町4-223

Googleマップへ

釜揚げ15

営業時間:11:30から15:00になっている模様
定休日:不定休

※この記事は私が訪れた時のものです、現状と異なる場合があります。最新情報、詳細はご自身で確認することをおすすめします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でハカテンをフォローしよう!

関連記事

  1. 「本岳寺と入定寺」歴史を感じる博多大水道の跡とレトロな街並み

  2. 「西門通り」中世博多の歴史遺構、博多を守る土塁跡・第二元寇防塁

  3. 「みやけうどん」博多うどんの老舗、タイムスリップしたようなレトロ空間

  4. 「櫛田神社」を一の鳥居から参道を歩いて参拝、博多の歴史観光スポット

  5. サンリオギャラリー

    「サンリオギャラリー博多店」キャナルシティ博多でリニューアルしてた

  6. おりょりょ4

    「おりょりょ」博多駅で買える”博多お土産”のぜったいおススメ品!

  1. 柳橋連合市場「柳橋食堂」で海鮮丼ランチのC定食!食べて来たレビュー

    2018.09.16

  2. うどんブームと騒がれる福岡で「うどんウエスト」はもっと高く評価…

    2018.09.09

  3. 明太子と味噌の融合、味蔵の「博多みそ明太」を付けて食べるとピリ…

    2018.09.08

  4. はなび福岡

    「はなび」台湾まぜそばの元祖、福岡天神に初出店!食べて来たレビ…

    2018.09.02

  5. 「天神炒飯」大名にある炒飯専門店で贅沢な肉盛りチャーハンを食べ…

    2018.09.01

  1. はなび福岡

    「はなび」台湾まぜそばの元祖、福岡天神に初出店!食べて来たレビ…

    2018.09.02

  2. 「博多屋台一幸舎」博多駅一番街で食べてきました!原点回帰「屋台…

    2018.08.15

  3. プルーム天神1

    「Ploom Shop 天神店」プルームテックの店に行ってきた!カフェ”REC…

    2018.08.08

  4. 「麺や兼虎 天神店」濃厚な魚介スープ、辛くて旨い!ラーメンを食べ…

    2018.08.07

  5. マンハッタンロールアイスクリーム、天神の福岡大名店に行ってきた…

    2018.08.01

  1. 「チーズ アンド バー」今泉の隠れ家のようなカフェバーでチーズプ…

    2018.07.12

  2. 「福岡天神・大名の街並み」江戸時代の面影を残す旧武家屋敷街、現…

    2018.06.28

  3. 「冷泉町」博多旧市街のレトロ巡り、博多の歴史を感じる街歩き

    2018.06.12

  4. 「上呉服町」博多の旧市街、鎌倉時代の街並みが残るレトロな風景

    2018.05.03

  5. 「博多大水道」鎌倉時代に掘られた博多中心部を防衛する巨大な堀

    2018.04.30

error: