「博多ごまさば屋」ゴマ鯖ランチのレビュー!博多名物を福岡天神で食べてきました

鯖が生で食べられるとか、忘れてしまいそうになるけども、九州最大規模の鮮魚市場があったりする博多って漁師町というか港町なんだよね。

博多名物ゴマさばの専門店、その名は「博多ごまさば屋」ド真ん中で勝負!

水炊きとかモツ鍋とか、はたまたラーメンや明太子。いろいろと博多の美味しい名物グルメはあるのだけれども、忘れちゃいけないのが博多は港町で鮮魚がメチャメチャ美味しい街だってこと。だからこそというかなんというか、サバが刺身で食べられる全国でも珍しい土地で、季節によってはスーパーで普通に売られるほどなのです。最近では活魚を活かしたまま輸送する技術なんかも進歩しているので、他の地域の名物、例えば呼子のイカ活き造りなんかも博多で普通に、しかも本場よりも安く食べられるようになってるし、まさに九州におけるお魚グルメの集積地、もっと魚を喰いやがれで御座いますよ。

という事で今回は、博多のご当地グルメの中でも特に人気の高い「ごまさば」の専門店博多ごまさば屋、こんな直球ど真ん中の名前を付けているのだから相当に自信があるのでしょう。楽しみですねぇ。

天神から歩いていけるけど、一番近いのは赤坂かな?

ごまさば屋1

博多ごまさば屋があるのは天神の大通り、昭和通り沿い。天神地下街の北の終点から地上に出て、そのまま大通りを西へ少し歩いたところ。パッと見ると奥に引っ込んでるので分かりにくいけども、看板が出ているので迷わず来れました。

ごまさば屋2

入り口にあったおススメメニューのサンプル。模型ではなくて本物が置いてありました。

ごまさば屋3

それではお店へと入っていきます。入り口右手に食券の販売機、注文はここで食券を購入。

ごまさば屋4

メニューは定食中心で、ごまさばの定食が当たり前のように1000円を切りますね。さすが専門店、とってもリーズナブル。単品は600円、昼間っからお酒も飲めます。

ごまさばと本マグロひとくちカツ定食にビビッと来たんだけども、売り切れ…残念。

ごまさば屋5

上を見るとランチの営業時間が張り出してあります。11:30から14:00、ラストオーダーは13:30となっています。時間がかなり短いので来店時は要注意。

ごまさば屋7

食券を購入して店内へ、カウンターとテーブル席。縦長の店内。開店して間もないんだけれども、既に結構な来客。この値段ですからね、地元の人にも大人気。

ごまさば屋8

カウンターの所におススメの食べ方が書かれていました。そのまま食べて、ご飯にのせればごまさば丼、それに出汁をかければお茶漬けになるそうです。

ごまさば屋9

お茶漬けだしは店内の中ほどに用意してあります。ってか、混雑しているのでさすがに撮影を躊躇する…ブレちゃいました。

ごまさば屋というだけあって、安くてもボリュームあります!ごまさばウメぇッ

ごまさば屋10

さて注文したのは「ごまさばとサバの塩焼き定食」800円。生のサバと焼いたさば、まさにサバサバ、鯖づくし。水煮の缶詰も欲しかったなぁ。美味しいもんね、アレ。

ごまさば屋11

カウンターの上に置かれていた調味料は醤油のみ、てか定食だし不要かな。

ごまさば屋12

ごまさばは全部で8切れも入っていて、少し甘めのタレが絶妙。歯応えもよくってか、サバは本当に新鮮じゃないと刺身に出来ないからね、新鮮じゃないはずが無く身がシッカリしてます。

ごまさば屋13

でもって食べに来てるのが1月、真冬だけに脂がのって激うま。ほんとにうめェ、アジとちがってサバ独特の香りがあるんですよ。これは美味しい。

醤油に付けた漬けや酢で締めたしめ鯖じゃないですからね、本当の生のサバです。普通はサバは傷みが早いので刺身にしないんですよ、ってか本当に新鮮な港のそばとかじゃなければ食べられない。それを当たり前のようにやってしまう博多というか福岡というか、やっぱ玄界灘なんて演歌っぽい名前からして日本海側の港町なんだなぁと実感しますよね。関西出身の安川から見たら、魚の料理に限れば福井や鳥取の境港みたいなイメージ。大漁旗と鳥羽一郎が似合うよね、場所は全然違うけど…

ごまさば屋15

刺身のサバが美味しいんだから、当然のことながら焼いてもウマい。やっぱ冬は魚だね、脂がのって本当に美味しい。ごまさばのお茶漬けにしようと思ってたんだけども、この焼きさばと一緒に食べるご飯が抜群に美味しくて、お茶漬けにすることが出来ませんでした。それくらいに美味しい。

ごまさば屋16

8切れもあるから目一杯ごまさばを楽しめます。わさびをチョンとつけてパクリ…うめぇっ!

ごまさば屋17

サラダもちゃんとセットされてるんだけれども

ごまさば屋18

ほのかにサバの香りをまとったこのシャキシャキ玉ねぎがいい仕事してるんだわ、マジで。ご飯を焼きさばと一緒に食べちゃったので、ごまさばをもくもくと食べ続け、これでもかというくらい堪能しました。

マジで食べた~という気になる定食、さすが店名に違わぬごまさばっぷりでした。とりあえず博多・天神で「ごまさば」食べたいと思ったら、博多ごまサバ屋はマジでおススメ。コスパも味も大満足でしたよ。

お腹いっぱいになって店から出ると、こんなボードがありました。夜はやっぱり居酒屋てきなお店になるようです。

いつかは夜の外食も…貧乏なのでね、ディナーは敷居が高いのです。とりあえず出来る事をコツコツと、頑張らずに手を抜かず、淡々とやっていくしかないですね。ということで博多ごまさば屋、おススメです。

なにが「ということ」か分かんないけど、最後グダグダですが終わります。

お店情報

「博多ごまさば屋」
住所:福岡市中央区舞鶴1-2-11おがわビル 1階

Googleマップへ

営業時間:ランチ:11:30から14:00(L.O13:30)、ディナー:17:40から23:00
定休日:日曜日

※この記事は私が訪れた時のものです、現状と異なる場合があります。最新情報、詳細はご自身で確認することをおすすめします。

博多ごまさば屋公式サイト⇒http://hakatagomasabaya.com/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でハカテンをフォローしよう!

関連記事

  1. 「博多ぶらぱい」博多のお土産、老舗の菓子をアレンジした人気商品!おススメです

  2. かしわ源次郎1

    「かしわ屋 源次郎」博多駅でお一人様の水炊きランチ!JR博多シティくうてん

  3. 「GOKANDO(ごかんど)」博多マルイのリゾートカフェ&スイーツのスムージー

  4. 赤のれんお土産

    元祖赤のれん節ちゃんラーメンのお土産ラーメン!濃厚博多とんこつの本格派

  5. 「鹿児島ラーメン豚とろ」で博多駅デイトスでランチ、巨大な豚トロとカツオ節が絶品

  6. 博多土産の定番、揚げない焼ドーナツ「博多どうなつ」の焼きたてがウマい!

  1. タケシゲ醤油『にんにくポン酢』が激ウマ!ポン酢の常識が変わる旨さ

    2018.05.23

  2. 「長浜ナンバーワン」のスペシャルラーメン!博多駅で食べきました

    2018.05.21

  3. 「支那そば月や」博多駅めん街道、九州風味コッテリ醤油ラーメン

    2018.05.21

  4. 【大牟田】銀座通り商店街の「銀座通り商店」昭和レトロな駄菓子バー

    2018.05.20

  5. たらし屋

    「たらし屋 吾助」絶品のみたらし団子!天神・舞鶴にある和菓子屋さん

    2018.05.19

  1. 新生飯店15

    「新生飯店」天神の繁華街でタイムトンネルを発見した!レトロな路…

    2018.05.14

  2. 「丸万食堂」創業八十一年!博多川端のレトロな老舗大衆食堂でラン…

    2018.05.10

  3. 青木堂

    「一善めし青木堂」昭和レトロな大衆食堂!福岡天神の渋い飯屋

    2018.04.25

  4. 博多の老舗ソースメーカー「コックソース」を知ってるかい?美味し…

    2018.04.18

  5. 昭和レトロ!ノスタルジックな博多うどんの老舗「因幡うどん渡辺通…

    2018.03.27

  1. 「上呉服町」博多の旧市街、鎌倉時代の街並みが残るレトロな風景

    2018.05.03

  2. 「博多大水道」鎌倉時代に掘られた博多中心部を防衛する巨大な堀

    2018.04.30

  3. ジョーキュー13

    「ジョーキュー醤油」歴史観光も出来る!福岡・大名にある旧城下町…

    2018.04.22

  4. 「三角市場」福岡のディープ観光スポット!昭和レトロな闇市の末裔

    2018.03.30

  5. 福岡の幕末!西郷隆盛を匿った江戸時代から続く老舗「福萬醤油」

    2018.03.05