博多最強のお土産はコレだ!ふくや「いか明太子」メッチャ旨い、おススメ。

博多の土産と言えば明太子。その明太子にイカをプラスした「いかめんたい」が最強クラスのウマさ。

博多明太子発祥の地「ふくや」が贈る絶品グルメのお土産品

博多は美味しいものが沢山ある、グルメの街ってよく聞きますよね。実際、胡麻サバだとか、もつ鍋だとか、明太子だとか、博多ラーメンだとか、有名なグルメが沢山あります。そんな中で、ぼくが博多で特に印象に残ったというか、ハマったのは「豚足」と「スーパーに売ってる鯖の刺身」そして「いかめんたい」。

へ?イカめんたい?

と思う人もいるかもしれませんが、ようするに「明太子」と「イカ」を混ぜたものです。

明太子と言えば、博多における海鮮珍味の絶対王者。そして、「イカ」も実は博多名物なんです。九州でイカといえば呼子の名前が出てきますが、実際、呼子のイカとして売られている「ヤリイカ」のほとんどは長崎県平戸のイカ。

皆さんは「呼子のイカ」はご存じでしょう。有名ですから。けれど、2月からお盆にかけての「呼子のイカ」がほとんどが平戸で獲れていることは知ってましたか?
「平戸のイカ」が「呼子のイカ」に名前を変えて高く売られているのです。

九州ブランド株式会社公式サイトより

平戸もそうですが、九州の海産物の多くは平戸や松浦といった長崎県からやってきます。今は昔と違いイカを活かしたまま輸送する技術が確立しているので、当然ながら多くのイカ達が九州最大の消費地「福岡」を目指して活きたままやってきます。なので、いまや福岡博多は長崎の新鮮な海産物が集まる一大グルメスポット。

そんな博多の海鮮系お土産のキング・オブ・キング「辛子明太子」が、「イカ」をパートナーとして生まれたのが「いかめんたい」。この組み合わせが超絶ウマい。これはお土産に、いや、自分用に最強だと、安川はおススメしたいのです。ピリッと辛いタイプ、滋味系のコクとうま味がジワっと来るタイプ、メーカーによって特徴のある「いかめんたい」、数多あるイカ明太のなかから今回紹介するのは・・・

いかめんたい1

ドドーン!明太子発祥の店「ふくや」の「あえもの明太子 いか」

ここはあえて最初だけに一番の老舗を持ってきました。ほんとメーカーによって味の特徴があってそれぞれ好みが別れるところなのですが、まずは老舗から。

いかめんたい2

材料などが記載されたラベル。ふくやといえば現在の明太子を生み出した発祥の店。博多の歓楽街、中洲に本店を構えています。

いかめんたい3

箱から出すと、かなりシッカリとしたプラスチック容器に入っていました。これなら瓶と違って軽いうえに、よほどのムチャをしない限り割れる心配がない。お土産に送ったり、カバンに入れて持ち歩くのに最適。

いかめんたい4

蓋を開けると…まるで明太子の海を泳ぐイカ!のように、明太の粒々にイカの切り身が浸かっています。どうですかこのビジュアル、すんごくウマそうでしょ。イカや明太子が苦手な人はごめんなさい、安川はこれが大好きなのです。

いかめんたい5

見てくださいコレ、タップリ入った粒々の明太子が美しいですねぇ。そして、その中に浸かった美味しそうなイカの刺身。もうね、見てるだけでヨダレが出てきそうなので、さっそく食べてみます。

おっ、おじちゃんな…もうしんぼうたまらんっ!

いかめんたい6

ちょっと箸ですくっただけで、明太子がタップリとれます。甲イカを使用しているということで、独特の肉厚でトロっとしたイカ。一口食べると口の中に広がるうま味、滋味、ピリッとくる辛さとイカの甘味がグググッと、イカと明太が見事に絡み合ってマッタリした濃厚な旨みが、もうね、う~~ん・・・ウマい!

いかめんたい7

ご飯のお供にも最適、波佐見焼の丼にご飯をよそって・・・上に乗っけてみました。

いかめんたい8

もはや語る言葉を持ちません、とにかくウマい。ご飯のお供に最適。辛子明太子のピリッとした辛さと旨み、そこにイカの食感と強烈なうま味が合わさって最強です。生臭さなどは欠片ほどもありません。

これはアレですね、ご飯のうえ一面に敷き詰めて「いかめんたい丼」にしたら最高でしょう。貧乏性の安川はそんな贅沢ようしませんが。

「いかめんたい」は実はスーパーでも普通に売られてる庶民の味

この「いかめんたい」実は福岡ではかなりポピュラーなグルメなんです。本当に美味しい組み合わせですからね、地元の人にも愛用されてファンも大勢いるわけで、多くの会社が製造しています。

そんな数ある「いかめんたい」の中で、今回食べてみた「ふくや」製は辛さがかなり大人しい印象。軽くピリッとした辛さはありますが、それよりも旨みが凝縮されていて上品なコクのある味になっています。

とうぜんながらそのまま食べてもメチャウマなわけで…我が家の主である嫁に献上したところ、焼酎のあてに全て食べられてしまいました。ぼくは酒を飲まないのでアレですが、確かにチビチビ飲みながら食べるとたまらんでしょうね。

この「いかめんたい」本当に多くのメーカーから発売されているので、機会を見つけて紹介していく予定。どんな「いかめんたい」に出会えるのか、楽しみですねぇ。



「ふくや いか明太子 」
価格:756円(当記事掲載時点)
製造者:株式会社ふくや

ふくや公式サイト⇒https://www.fukuya.com/

いか明太各社食べ比べ記事「「いか明太」という本気でウマい博多土産が最強すぎたので食べ比べてまとめてみた。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でハカテンをフォローしよう!

関連記事

  1. 博多町屋ふるさと館

    「博多町家ふるさと館」口コミレポート!博多の下町レトロ観光スポット

  2. マンハッタンロールアイスクリーム、天神の福岡大名店に行ってきた!レポート

  3. 「支那そば月や」博多駅めん街道、九州風味コッテリ醤油ラーメン

  4. 「食堂うめぼし」福岡天神・大名で遅めのランチ!早飲みも可能なお店

  5. 「Killer coffee&cream lab(キラーコーヒー&クリームラボ)」SNS映えする素敵カフェのレビュー!

  6. 博多のおススメ土産「博多なかなか」酒のつまみに最適!明太子の珍味

  1. 柳橋連合市場「柳橋食堂」で海鮮丼ランチのC定食!食べて来たレビュー

    2018.09.16

  2. うどんブームと騒がれる福岡で「うどんウエスト」はもっと高く評価…

    2018.09.09

  3. 明太子と味噌の融合、味蔵の「博多みそ明太」を付けて食べるとピリ…

    2018.09.08

  4. はなび福岡

    「はなび」台湾まぜそばの元祖、福岡天神に初出店!食べて来たレビ…

    2018.09.02

  5. 「天神炒飯」大名にある炒飯専門店で贅沢な肉盛りチャーハンを食べ…

    2018.09.01

  1. はなび福岡

    「はなび」台湾まぜそばの元祖、福岡天神に初出店!食べて来たレビ…

    2018.09.02

  2. 「博多屋台一幸舎」博多駅一番街で食べてきました!原点回帰「屋台…

    2018.08.15

  3. プルーム天神1

    「Ploom Shop 天神店」プルームテックの店に行ってきた!カフェ”REC…

    2018.08.08

  4. 「麺や兼虎 天神店」濃厚な魚介スープ、辛くて旨い!ラーメンを食べ…

    2018.08.07

  5. マンハッタンロールアイスクリーム、天神の福岡大名店に行ってきた…

    2018.08.01

  1. 「チーズ アンド バー」今泉の隠れ家のようなカフェバーでチーズプ…

    2018.07.12

  2. 「福岡天神・大名の街並み」江戸時代の面影を残す旧武家屋敷街、現…

    2018.06.28

  3. 「冷泉町」博多旧市街のレトロ巡り、博多の歴史を感じる街歩き

    2018.06.12

  4. 「上呉服町」博多の旧市街、鎌倉時代の街並みが残るレトロな風景

    2018.05.03

  5. 「博多大水道」鎌倉時代に掘られた博多中心部を防衛する巨大な堀

    2018.04.30

error: