「麺を喰らう」の”元祖博多うっど~ん”博多に新B級グルメが誕生!うどん?ラーメン?

ラーメンのようでうどんのようで、どこにでもありそうなんだけど、どこか違う。そんなとっても新しい麺を食べてきました。

「麺を喰らう」の”元祖博多うっど~ん”はセルフうどんっぽいけどチョット違う

博多に新しいB級グルメが誕生したという噂を聞きつけ、博多区博多駅前にある「麺を喰らう」というお店に行ってきました。このお店はあの元祖泡系博多ラーメンで有名な一幸舎が手掛ける新業態。製麺屋慶史の直営店として誕生したお店。製麺屋慶史とは一幸舎が運営する製麺所で、一幸舎以外にも麺を供給する実力派。

麺を知り尽くした麺のプロが営む新しい麺料理、これはとっても楽しみなのです。

博多うっどーん1

お店があるのは博多駅前3丁目、博多駅から西方向。歩くこと数分の路地、黄色と黒の目立つ看板が目印。入口と出口が別々になっているチョット変わった店構え。

博多うっどーん2

入口にセルフ方式の注文の流れを説明したプレートがあります。こうやって読むと分かりにくいかもしれないけど、セルフうどんの流れと一緒です。

博多うっどーん3

まずはこの入り口から入って、中にあるお盆を取ります。

続いて「汁あり」か「汁なし」、それぞれ1玉と2玉、お好みの麺を選んで用意されている札をお盆に乗せます。

博多うっどーん5

説明によると、1玉でラーメンの麺1.5玉分だそうです。

博多うっどーん6

麺の量と汁のありなしを選んで札を渡して注文すると、ここからはセルフうどんと同じ。かしわおにぎりや天ぷらが並んでいるので、好みで小皿に取ります。

博多うっどーん7

おぉ~美味しそう、この日あったのは半熟味玉天、ちくわ天、キス天、とり天、各100円。

博多うっどーん8

なんと無料の天ぷらも用意されていました。天かすかと思いきや、これゴボウ天ですよ。

博多うっどーん9

具の肉を追加注文することも可能。

博多うっどーん10

美味しそうな玉子天ととり天を皿に乗っけて、注文した麺は汁ありの小。麺を受け取ったら会計を済ませ客席へと移動します。

博多うっどーん11

客席は対面のカウンター。出口のところ、端っこにテーブルがありました。

博多うっどーん12

客席にドーンと貼り出された元祖博多うっどーんの説明書き。鶏ガラといりこを使ったツユに醤油ベースのカエシを合わせたスープ。これは美味しそうですよ、日本人の好みにドンピシャ、明らかに狙ってますね。

博多うっどーん13

他に食べ放題のセルフコーナーが用意されていて、この日は自家製キムチと右端はオニオンスライス。

博多うっどーん14

セルフコーナーには汁なし用でしょうか、マヨネーズや振りかけのような調味料も用意されています。雷みそは一幸舎にもある激辛味噌ですね。

博多うっどーん15

カウンターには味が薄い時に入れる麺ダレ、汁なし用のリンゴ酢、ラー油、塩と一味唐辛子、胡椒がありました。かなり好みで味を調整できそうです。

博多うっどーん16

カウンターの目隠しにはトッピングのバリエーションが例示されていて、これを参考にしてみると美味しそうですね。

博多うっどーん17

そしてコチラが安川のお昼ご飯。汁あり小、半熟味玉天、とり天、無料のごぼう天、無料のオニオンスライス。

博多うっどーん18

メインの元祖博多うっど~ん。見た目は醤油ラーメンのように脂が浮いてるんだけど、ネギと肉とアゲが入っていて肉うどんのようにも見える。

博多うっどーん19

どんな味か一口スープを飲んでみると…じわ~っと沁みてくる優しい甘辛醤油ベースの味。これは美味しい、とっても優しい味。なんて言えばいいんだろ、ラーメンのような鶏ガラのシッカリした味の強さというか、コクがあるんだけれども、風味は蕎麦ツユみたいに醤油の利いた和風のダシなんだよね。そこへ肉うどんのような甘辛い味が加わって、滋味系のソフトな味わいなんだけれども、とても複雑な味。鶏南蛮系の蕎麦ツユに肉うどんみたいな、うまく表現できないんだけど間違いなく和風味。とりあえず文句なく美味しい。

博多うっどーん20

続いて麺を食べてみると、これは”うどん”だ。それも平打ちのうどん。モッチリツルッとしていてピロピロ感がとってもいいね、安川は平打ちうどん大好きなんですよ。きしめんも好きだしね。

博多うっどーん20

いろいろ調味料があるので、せっかくだから味で遊んでみようと思い、カウンターにあったラー油を入れてみました。

博多うっどーん22

ピリッときて少しゴマの香りが混ざり、チョット中華によったか?と思ったけど、やはり和風。なんていうんだろ、和風ラーメンみたいになった。これはこれで美味しい。

博多うっどーん23

具の肉はもはや様式美、肉うどんに入ってる甘辛く煮た牛肉。これが外れなわけがない、コクのあるシッカリしたスープによく合う。うまいです。

一緒に入っていた揚げもスープをよく吸っていて、細く刻んであるので邪魔にならず美味しかった。

博多うっどーん24

ちょっと箸休めにセルフコーナーの惣菜からオニオンスライス。カツオとゴマがまぶしてあって、醤油ベースで和風の味付け。簡単そうに見えるシンプルな惣菜だけれども、これが侮れない、すんげぇ美味しいの。

博多うっどーん25

安川はゆで卵が大好きで、玉子の天ぷらは我慢できずにパクッと何も付けずに食べてしまいました。程よい塩気があって、とっても美味しかった。そして何と言ってもとり天。食べごたえのある大きさで、柔らかくてジューシー。

とり天は好きでよく食べるんだけど、このとり天は今まで食べた中でも上位にランクインできるくらい。無料のごぼう天も普通に美味しい。

パパっと撮影したあとは、もう無言でズルズル、ズルズル。汁も胃に優しいというか、じわ~っと沁みてくる感じで優しい味わい。醤油ラーメンのようで蕎麦ツユで食べる肉うどんのようで、いろいろ混じり合った味ではあるんだけれども、オリジナリティがあってとても美味しい麺でした。

こういうのをB級グルメっていうんだろうね、特別高価な材料を使ったわけでもなく無理やりコンセプトなんて意味を持たせたわけでもなく、ごくありふれた料理でありながら、他とはチョット違う工夫がなされたオリジナルで庶民的な料理。

汁なし食べてきました!紹介記事↓

「元祖博多うっど~ん 麺を喰らう 麺ショップ本店」
住所:福岡市博多区博多駅前3-9-12

Googleマップへ

営業時間:11:00から16:00(変更の可能性アリ)
定休日:日曜日

※この記事は私が訪れた時のものです、現状と異なる場合があります。最新情報、詳細はご自身で確認することをおすすめします。

元祖博多うっど~ん麺を喰らう麺ショップ本店公式Facebookページ⇒https://www.facebook.com/hakatauddoon/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でハカテンをフォローしよう!

関連記事

  1. シロヤの「フワとろオムレット」博多駅で買った1個40円の人気おすすめスイーツ

  2. 「順正寺」博多祇園にある外国人に人気のインスタ映えするお寺

  3. 「丸万食堂」創業八十一年!博多川端のレトロな老舗大衆食堂でランチしてきた。

  4. 「らーめん二男坊」博多駅の麺街道、福岡ラーメン総選挙1位の店に行ってきた

  5. 元祖博多うっど~んの汁なし麺を喰らう、めちゃウマ!これが正解

  6. 新生飯店15

    「新生飯店」天神の繁華街でタイムトンネルを発見した!レトロな路地裏と中華飯店

  1. 「博多もつ鍋やまや」博多駅でランチ、明太子が食べ放題という至福…

    2018.07.19

  2. 「博多一幸舎 総本店」最強店舗にリニューアル!独自スープを食べて…

    2018.07.14

  3. 「33カフェグリーン」博多にある青汁カフェ、アサヒ緑健の本社ビル…

    2018.07.12

  4. 「チーズ アンド バー」今泉の隠れ家のようなカフェバーでチーズプ…

    2018.07.12

  5. 「もつ鍋おおやま 博多1番街店」博多駅で”おひとり様”もつ鍋ランチ…

    2018.07.12

  1. 「博多一幸舎 総本店」最強店舗にリニューアル!独自スープを食べて…

    2018.07.14

  2. 「鳳凛(ほうりん)」辛味ダレとんこつの元祖、一蘭のルーツ!福岡…

    2018.07.02

  3. 「福岡天神・大名の街並み」江戸時代の面影を残す旧武家屋敷街、現…

    2018.06.28

  4. 「食堂うめぼし」福岡天神・大名で遅めのランチ!早飲みも可能なお店

    2018.06.17

  5. 「自由亭」博多旧市街にあるシブいレトロ食堂で玉子焼き定食ランチ

    2018.06.07

  1. 「チーズ アンド バー」今泉の隠れ家のようなカフェバーでチーズプ…

    2018.07.12

  2. 「冷泉町」博多旧市街のレトロ巡り、博多の歴史を感じる街歩き

    2018.06.12

  3. 「上呉服町」博多の旧市街、鎌倉時代の街並みが残るレトロな風景

    2018.05.03

  4. 「博多大水道」鎌倉時代に掘られた博多中心部を防衛する巨大な堀

    2018.04.30

  5. ジョーキュー13

    「ジョーキュー醤油」歴史観光も出来る!福岡・大名にある旧城下町…

    2018.04.22