「新三浦」天神で博多名物の水炊きランチ!ひとりでも入れる老舗の名店

水炊きとかもつ鍋とか、美味しい博多名物を味わいたいけど一人だと入れる店がなかなかないんだよね。そんなときにおススメなのが、新三浦天神店。一人用メニュー有りマス。

「新三浦天神店」博多名物の水炊きを一人でも味わえる、気軽に入れるお店。

水炊きといえば鍋の中に水と昆布を入れて火にかけ、沸騰したら昆布を取り出して鶏肉や魚介類を入れ具で出汁を取って食べる鍋。というイメージというか、そんな鍋を普通に食べていたんだけれども、博多名物といわれる水炊きは、いわゆる関西などの水炊きとは一味違う。

慶応年間にその起源を持つ「博多水炊き」。別名「博多煮」 とも呼ばれるほど、ここ博多を本場として各地に広まりました。長崎に生まれた林田平三郎氏が1897(明治30)年、15歳で香港に渡り、英国人の家庭に住み込みで料理の勉強をしました。そして帰国後、そこで習得した西洋料理のコンソメと中国風鶏のスープをアレンジし、1905(明治38)年に博多水炊きを完成させたのが起源といわれています。
TOKUNAVI福岡より

博多の水炊きはブツ切りにした鶏肉を強火で長時間煮だしたスープ、いわゆる鳥白湯(とりぱいたん)で鶏肉を味わうという鶏づくしの鍋。いちど食べてみたかったんだけれど、なかなか機会がないのと一人用メニューを用意してくれてる店が少ないんですよ。

新三浦ランチ20

安川は人と出かけるのが嫌い、というか人付き合いが大の苦手。おかげで気楽に誘ったり誘われたりする友達なんて皆無!というか、友達がいない…人に合わせるのがとにかく面倒くさくて、電話に出ないなんてあたりまえ、メールやDMなどの連絡はスグほったらかしにするし、気まぐれで約束すっぽかしたりするからね、いないほうがいいのよ、迷惑かけるし。

おかげで出かけるのも当然ひとり。なので福岡に来て10年以上になるけど、食べたことが無かったんですよね。

けどまぁ、こんなサイトを始めたんだし。ここはひとつ、博多の水炊きを食べようじゃないか!と一念発起いたしまして、ググって探し出したのが今回紹介する「新三浦天神店」。

何気なく入ったお店「新三浦」は100年以上の歴史を持つ老舗でした(汗

新三浦ランチ1

この日は天神をまわる事にしていたので、地下鉄天神駅からのスタート。ちょうど地下鉄のホームから改札をでて、天神地下街に入った所。インフォメーションがある広場。

新三浦ランチ2

グーグルで調べたところ、お目当ての新三浦は天神ビルの地下一階。地図を確認して、天神地下街の西側通路(ソラリア側)を北へ向かいます。

新三浦ランチ3

歩くこと一分くらい?天神ビルの入り口を発見。このビル、階段の手すりが足元の段に合わせて段々にしてあるんだよね。なんか、アートッぽくてかっこいい。

新三浦ランチ4

階段を昇ると見せかけて、エスカレーターで上がっていきます。上がり切った所にあった看板で確認すると、ありましたよ新三浦天神店。地図を見ると、入口から入ってスグ左。

新三浦ランチ5

新三浦天神店の前に到着。改めて調べてみると、このお店は博多に本店があって、なんと!100年以上の歴史がある伝統の老舗という事をここで知りました。

人生負け犬、超絶ド貧乏の安川が入っても大丈夫なのだろうか…小心者なので入り口でビビッております。

いよいよ新三浦の店内へ…貧乏オヤジは初めて水炊きと出会う

新三浦ランチ6

なんか場違いな店に来てしまった感が…ディスプレイを見ながら現実逃避。「へ~、これが水炊きか」

新三浦ランチ7

こっちが一人用でお手頃価格の水だき小鉢定食。コースも一人から行けるみたいなんだけども、値段が…

新三浦ランチ8

他にも美味しそうな料理が沢山。って、あぁもう!ここまで来たら入るしかないでしょ、行きますよ、中へ。

新三浦ランチ9

えいっ!と覚悟を決めて店内へ。まだ開店間もないからか、人も疎ら。

勝手に入ったらマズいと思い、しばし入り口で立ち尽くす安川。だれか気づいて~!

新三浦ランチ10

立ったまま店員さんを目で追いかけていると、一人の女性スタッフと目が合ったので思わずスマイル。来店に気づいた店員さんにひとりで来たことを伝えると、そのまま座敷へと案内されました。

まさか靴を脱ぐことになるとは思っていなかった安川、靴下に穴が…親指半分出てますwこれぞ貧乏人の証だっ!

新三浦ランチ11

もう頼むものは決まってる安川、しかしここは大人の余裕でメニューをチェックでしょう。コースを頼みたいところ…なんだけども、やはりランチでこの値段は厳しい。

新三浦ランチ12

予算的に定食系ですね。こっちが分相応。

新三浦ランチ13

単品メニューも充実。

新三浦ランチ14

ランチ用のコースとドリンクのメニュー。ランチコースは14:00でラストオーダーと書いてあります。

ということで、入るときに決めていた「水だき小鉢定食」を注文。

新三浦ランチ15

待ってる間に壁を見てみると、レトロなキリンビールのポスター。本物のレトロなのか、レトロ風に作られた新しい物なのか、安川では目利きできません。

新三浦ランチ16

テーブルの上にある調味料は、とってもシンプル。

新三浦ランチ17

しばらくすると、やってきました「水だき小鉢定食」1,950円。ご飯はおかわり自由とのこと。

水だきのスープは味付けがされていないので、塩や醤油で味付けするか、ご飯にかけてポン酢を垂らすと美味しいと教えてくれました。

新三浦ランチ19

まず最初にいただくのはコレ、水炊きのスープを飲みやすく味付けしたもの。熱いうちにお召し上がりくださいと言われたので、グイッと…ん?

もう一口グイッと…じわぁ~っとウマいっ!コッテリ濃厚な鶏スープ、ラーメン入れたら美味しそう。とにかく滋味豊かな味が、じわ~っと口の中イッパイに滋味滋味広がっていく。

新三浦ランチ18

続いてこちらがみ水だき。骨付きのブツ切り鶏肉がゴロっと入っていて、スープは白湯っぽく白濁しています。私の記憶が確かならば…6切れほど肉が入っていました。

新三浦ランチ21

それでは早速、肉からガブリ。骨付きだけども、ズルリと簡単に身が離れる。見た感じモモ肉かな?

見た目よりずっと食べやすくて、ジューシーな鶏肉。あじはシンプルというか、すっごくアッサリしてる。ポン酢を付けると旨みがグッとくる。食べごたえもあって、美味しいね。

新三浦ランチ22

鶏肉は二種類入っていて、もう一つがコチラ。細い骨が何本かあるんだけども、どこの部位だろ。手羽もと?手羽系っぽいんだけどね。

こっちは少し食べにくい、それでも身離れがいいのでズルッと身が取れる。うん、純粋に鶏の味を楽しめる、シンプルな料理。

新三浦ランチ23

水炊きといえば、やっぱスープでしょう。散々うりにしてるからね、自慢の鍋スープを味わってみましょう。

「見せてもらおうか、水炊きスープの味とやらを」

ずずッ、ん?んんん?

なんか水っぽい、よく言えばスッキリ切れのいいスープ。悪く言えば味気ない。こんなものなのか…最初に飲用に味付けされたスープとは天と地の差。ポン酢を混ぜるとソコソコ美味しくなったけど、チョットこれは期待外れか…期待が大きかっただけに少しショック。

新三浦ランチ24

さて、他の小鉢を食べてみましょう。これは「がめ煮」かな、福岡の郷土料理。というか、同じ名前の料理が各地にあるんだよね。

味付けはシッカリ、良く味が沁み込んでいて美味しい。ご飯にあうおかず。

新三浦ランチ25

続いて豆腐。玉子豆腐っぽい感じ、上にのってるワサビがアクセントになって美味しかった。

新三浦ランチ27

そして再び肉。大きいぶつ切りの切り身が入っているので、食べ応えがあってボリュームも十分。ご飯のおかわり自由とか言われたけど、そこまで食べれないよ、貧乏オヤジだもの。

鍋のスープはアレだったけど、飲用のスープと鶏肉は美味しかった

100年以上もの長い歴史を持ち、明治43年から創業当時の味を守り続けているという新三浦。老舗の伝統に培われた味の一端を味合わせていただきました。

値段はランチにしてはやや高め、その分、博多に来たという気分を味わえ、しかも老舗の味。そう考えれば十分満足なランチでした。最初に飲んだスープが美味しかったなぁ、あと鶏肉がプリプリで旨みがギュッとしてる。

鍋のスープは少し残念だったけど、コースになると後から入れる具から出汁が出て、また違った味になるんだろうね。いつかコースの鍋を食べに来たい、というか、店によって味が違うみたいなので他の店も味わってみたい。

安川は鶏肉大好きなので、このサイトでも都度レポートしていきます。乞うご期待。

※この記事は私が訪れた時の様子をレポートしたもので、現状と異なる場合があるります。ご利用の際は直接確認されることをおすすめします。



「新三浦天神店」
住所:福岡県福岡市中央区天神2丁目12−1 天神ビルB1F

Googleマップへ

営業時間
ランチ:11:15から15:00(L.O.14:30)(水炊きコースは、14:00 L.O ※水炊きスープが完売次第O.Sあり。)
夕食:17:00~21:00(L.O.20:15)(水炊きコースは、19:30 L.O ※水炊きスープが完売次第O.Sあり。)
定休日:火曜日、不定休あり、毎月一回の連休あり

※この記事は私が訪れた時のものです、現状と異なる場合があります。最新情報、詳細はご自身で確認することをおすすめします。

天神西通りには、同じく水炊き御膳を食べられる「華味鳥」があります(ランチは土日祝日のみ)。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でハカテンをフォローしよう!

関連記事

  1. 「めんくいや博多駅東店」トロける炙りチャーシューがウマい!博多ラーメンランチ

  2. 「ローカルディベロップメントラボ」天神イムズでランチ食べてきました。

  3. 「大明担担麺」博多駅デイトスで豚足麺!福岡に来たら豚足を食べるべき

  4. 「丸万食堂」創業八十一年!博多川端のレトロな老舗大衆食堂でランチしてきた。

  5. うま馬

    「うま馬」博多で初めて提供された元祖のラーメン、戦前の味を守る老舗

  6. 「福岡市役所食堂」広くて眺めが最高!の市役所本庁舎の最上階にある食堂

  1. 柳橋連合市場「柳橋食堂」で海鮮丼ランチのC定食!食べて来たレビュー

    2018.09.16

  2. 満を持して「元祖長浜屋」福岡天神の親不孝通りに!公認LABORATORY…

    2018.09.13

  3. うどんブームと騒がれる福岡で「うどんウエスト」はもっと高く評価…

    2018.09.09

  4. 明太子と味噌の融合、味蔵の「博多みそ明太」を付けて食べるとピリ…

    2018.09.08

  5. はなび福岡

    「はなび」台湾まぜそばの元祖、福岡天神に初出店!食べて来たレビ…

    2018.09.02

  1. 満を持して「元祖長浜屋」福岡天神の親不孝通りに!公認LABORATORY…

    2018.09.13

  2. はなび福岡

    「はなび」台湾まぜそばの元祖、福岡天神に初出店!食べて来たレビ…

    2018.09.02

  3. 「博多屋台一幸舎」博多駅一番街で食べてきました!原点回帰「屋台…

    2018.08.15

  4. プルーム天神1

    「Ploom Shop 天神店」プルームテックの店に行ってきた!カフェ”REC…

    2018.08.08

  5. 「麺や兼虎 天神店」濃厚な魚介スープ、辛くて旨い!ラーメンを食べ…

    2018.08.07

  1. 「チーズ アンド バー」今泉の隠れ家のようなカフェバーでチーズプ…

    2018.07.12

  2. 「福岡天神・大名の街並み」江戸時代の面影を残す旧武家屋敷街、現…

    2018.06.28

  3. 「冷泉町」博多旧市街のレトロ巡り、博多の歴史を感じる街歩き

    2018.06.12

  4. 「上呉服町」博多の旧市街、鎌倉時代の街並みが残るレトロな風景

    2018.05.03

  5. 「博多大水道」鎌倉時代に掘られた博多中心部を防衛する巨大な堀

    2018.04.30

error: