「ミンチ天」博多駅で買える絶品マイナー土産、新幹線でのおつまみにも最適!

九州のお土産が集まる博多駅のお土産処、そんな中にある穴場のスーパーで売られている庶民の味。魚のすり身に衣を付けて揚げたものなんだけど、美味しいんです。

「ミンチ天」は地元で人気のご当地グルメ

博多駅と言えば九州の玄関口、九州各地から数多くのお土産品が集まっている場所。マイング博多や博多デイトスなどには毎日お土産を探して歩く旅人たちが沢山いるんだけども、今回紹介するのはお土産というよりも地元のスーパーでも売られているご当地グルメ。元々は佐賀の蒲鉾屋さんが作っている商品なんだけれども、あまりの美味しさに福岡でも取り扱う店が急増。テレビで話題になった事もあるので、ひょっとしたら知っている人もいるかもしれない。商品名は「ミンチ天」というんだけれども、これがメッチャくちゃ美味しいんです。

ミンチ天は佐賀のソウルフード的なB級グルメ

ミンチ天1
馬郡のミンチ天、小判のような形をした美しいフォルム。

この商品はミンチ天と名付けられていますが、佐賀ではミンチコロッケと呼ばれて複数の蒲鉾メーカーによって製造販売されています。福岡ではあまり種類を見かけないけども、佐賀に行くとカレー味やチーズ入りなんかがあって、食べごたえもあるので学生にも大人気の惣菜系の練り物。佐賀のソウルフードなんて呼ばれていたりします。

ミンチ天2
原材料などの表示ラベル、すり身を使った製品て魚肉練製品というんですね。

原材料を見てみると魚肉、玉ねぎがメイン。魚のすり身に玉ねぎを加え、衣を付けて揚げたもの。すり身の天ぷらのフライバージョンという感じで、魚の旨みと玉ねぎの甘さと香りが絶妙なんです。

小麦、卵、大豆というアレルギー物質、原材料の一部は海老、カニを食べた魚との注意表示。メーカーは佐賀市にある馬郡蒲鉾。

下の方にはオーブントースターやフライパンで表面を焼いてサクッとさせたらさらに美味しいと書いてありますが、このままでも十分美味しい。

ミンチ天4
袋から出すと2枚入っていました。

袋から取り出したら冷蔵していたためか、表面がシットリしています。揚げたてを食べてみたいところだけれども、カリッとさせたいなら袋に書いてある通りオーブントースターやフライパンで焼くのがおすすめ。福岡にも似たような「魚ロッケ」という商品があるんだけれども、筆者はコチラのミンチ天が断然好きなんです。

ミンチ天5
ミンチ天の断面、魚肉がギュッと詰まった美味しそうな練り物です。

半分に切って一口食べてみると、濃厚な魚の味、魚のすり身天が好きなら間違いなく美味しいというはず。さらに玉ねぎが混ざっているので、玉ねぎの甘さと旨み、そして香りがプラスされています。この組み合わせが最高で、密度の濃い味は他の天ぷらと一線を画しています。さらにパン粉を付けてフライにしてあるので、味の深みが増している。後味が少しピリッとするのは香辛料でしょうね、この刺激も美味しさの秘密。メーカーによっては唐辛子を練りこんだりします。

新幹線に乗るとよくビールを飲んでいる人がいるけども、これはおつまみに最適じゃないでしょうか。ズシッと食べごたえもあるので小腹が空いたときにもおすすめ、ガッツリ濃いめの味付けはまさに庶民の味。

ミンチ天6

そのまま食べても美味しいんだけれども、ひと手間かけてうどんに入れてみるとすんごく合う。福岡には丸天うどんがあるけども、ミンチ天はもっとコクがあって玉ねぎが美味しい。さらにパン粉の衣が出汁を吸うので、ジュワッと汁が染み出すんです。他にもチーズをのせてオーブントースターで焼いたりとか、ちょっとした酒の肴に使いやすい。

ミンチ天は観光ガイドやポータルサイトなどでは紹介されていないけれども、隠れたマイナーご当地グルメ。お土産に最適な、地元で愛されている当地グルメなのです。

購入したお店

ミンチ天7
博多駅構内、マイング博多1階にある普通のスーパー「博多ステーションフード」

ミンチ天を買ったのは博多駅にあるお土産処「マイング博多」の1階。改札があるコンコースから入っていくと、ずらりと並ぶお土産店を通り過ぎて一番奥にあるスーパー「博多ステーションマーケット」。

ミンチ天8

どこからどう見ても普通のスーパーですよね。周りは見渡す限りお土産屋さんが並んでいるので、博多駅の中で他のお土産と一緒に買えるのが便利。いかにも!なお土産じゃなくて、地元の人たちが日頃から食べている人気の商品。

ミンチ天9
練り物コーナーに並ぶ馬郡のミンチ天、カレー味もありました。

お土産料金じゃないので値段もほら、1袋2枚入りで138円。普通にお土産買うと1000円なんて当たり前だけれども、これなら自分用にも知人用にも買いやすい庶民価格。スーパーってどこでも同じように見えて、実は品ぞろえに地方色が色濃く出るんです。

博多ステーションフードでは、他にも庶民のご当地グルメが並んでいます。お土産選びの穴場スポットかもしれませんよ。佐賀に行くと更に多くのミンチ天があり、ミンチコロッケという名前で売られているので、もし佐賀に行くことがあったら探してみるのもおススメです。

「ミンチ天」
製造元:馬郡蒲鉾株式会社(佐賀市)
購入店:博多ステーションフード(マイング博多1階)

※この記事は私が購入した時のものです、現状と異なる場合があります。最新情報、詳細はご自身で確認することをおすすめします。

馬郡蒲鉾公式サイト⇒http://www.magoori.jp/
博多ステーションフード公式⇒http://www.hsf-g.com/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でハカテンをフォローしよう!

関連記事

  1. 「三日月屋カフェ」博多駅デイトス地下の口コミレビュー!クロワッサン美味しいよ

  2. 博多カクダイ醤油の「ソーゆ」ソース派vsしょうゆ派の論争ついに決着!

  3. 「大明担担麺」博多駅デイトスで豚足麺!福岡に来たら豚足を食べるべき

  4. 「山陽新幹線とおみやげミュージアム」博多駅2階の限定品ショップが面白いんです。

  5. 節ちゃん

    「元祖赤のれん節ちゃんラーメン」博多ラーメンの原点ともいえる老舗!絶対食べるべき。

  6. おりょりょ4

    「おりょりょ」博多駅で買える”博多お土産”のぜったいおススメ品!

  1. 天神元長

    「元祖ラーメン元長屋」天神でガンナガ系ラーメンを食べるならココ!

    2018.06.22

  2. 「中洲市場」博多の明太子ふくや発祥の地、昭和レトロな商店街

    2018.06.19

  3. 米らく博多

    「こめらく」博多駅デイトス地下で贅沢お茶漬けランチ!レポート

    2018.06.18

  4. 「食堂うめぼし」福岡天神・大名で遅めのランチ!早飲みも可能なお店

    2018.06.17

  5. 「星期菜」福岡シップスガーデンの中華レストランで中華そば

    2018.06.15

  1. 「食堂うめぼし」福岡天神・大名で遅めのランチ!早飲みも可能なお店

    2018.06.17

  2. 「自由亭」博多旧市街に見事な町屋のシブいレトロ食堂で玉子焼き定…

    2018.06.07

  3. 新生飯店15

    「新生飯店」天神の繁華街でタイムトンネルを発見した!レトロな路…

    2018.05.14

  4. 「丸万食堂」創業八十一年!博多川端のレトロな老舗大衆食堂でラン…

    2018.05.10

  5. 青木堂

    「一善めし青木堂」昭和レトロな大衆食堂!福岡天神の渋い飯屋

    2018.04.25

  1. 「冷泉町」博多旧市街のレトロ巡り、博多の歴史を感じる街歩き

    2018.06.12

  2. 「上呉服町」博多の旧市街、鎌倉時代の街並みが残るレトロな風景

    2018.05.03

  3. 「博多大水道」鎌倉時代に掘られた博多中心部を防衛する巨大な堀

    2018.04.30

  4. ジョーキュー13

    「ジョーキュー醤油」歴史観光も出来る!福岡・大名にある旧城下町…

    2018.04.22

  5. 「三角市場」福岡のディープ観光スポット!昭和レトロな闇市の末裔

    2018.03.30