元祖赤のれん節ちゃんラーメンのお土産ラーメン!濃厚博多とんこつの本格派

赤のれんお土産

福岡の名物である豚骨ラーメンの老舗店として地元で超有名な人気店のお土産ラーメン。食べてみました。

博多で有名なラーメン店の名前が付けられたお土産ラーメン

博多のお土産店を見てみると、福岡にある有名なラーメン店の名前を冠したお土産用のラーメンが売られています。やはり博多のラーメンといえば明太子と並んで不動の人気を誇る当地グルメありまして、お土産品としても大人気の超ロングセラーというか定番品。ならばそのお土産用ラーメンが、一体どれほど実店舗の味に近いのか食べてみようじゃないかというのがこの企画。

前回は福岡天神に本店を置き、博多駅にも進出して全店が毎日大行列という人気店「Shin-Shin(しんしん)」のお土産ラーメンを食べてみました。

紹介記事はコチラ↓

続いて2回目となる今回は…やはりこのお店、福岡の老舗として地元で知らない人はいない古風博多ラーメンの雄「元祖赤のれん節ちゃんラーメン」のお土産ラーメンです。

博多駅でよく見るお土産ラーメン

赤のれんお土産1
元祖赤のれん節ちゃんラーメンのお土産ラーメン

元祖赤のれん節ちゃんラーメンと言えば、現在は福岡天神・大名で大人気のラーメン店。白濁豚骨スープを使用した現代風博多ラーメンの元祖の一つとも言われているラーメン店で、創業は1946年(昭和21年)という老舗中の老舗。そんな老舗の名前を冠したお土産ラーメン、どんな味か気になります。

ちなみに、実際にお店を訪問した時の記事はコチラ↓

赤のれんお土産3
パッケージのアップ、三代目伝承の味として説明が書かれています。

老舗のラーメン店の特徴というか、スープが少し褐色系なんですよね。そして平べったい平打ち麺というのが最大の特徴。

赤のれんお土産5
パッケージの裏側には作り方や原材料などの表示、お店の地図が書かれています。

赤のれんお土産4
原材料などの表示部分のアップ

作り方は普通の生ラーメンと同じ、麺は別で茹でて、器にスープを入れて熱湯を注いで茹でた麺を入れるだけ。

赤のれんお土産6
パッケージに入っていたのはこの3点

パッケージを開けると中から出てきたのは麺、スープ、乾燥したネギ。実際の店舗と同じように麺は平べったい平打ちの細麺です。

どんな味なのかとっても楽しみですね、お店のラーメンは本当に美味しかったので大いに期待したいところ。さっそく作って食べてみましょう。

濃厚スープ、豚骨らしい豚骨ラーメン

赤のれんお土産7
鍋に湯を沸かして麺を入れる。

博多ラーメンの特徴として麺が細いというのがあるので、茹で過ぎに注意したいところ。パッケージには45から50秒と書かれています。あとはお好みで調整すべし。

赤のれんお土産8
スープを袋から出してどんぶりに入れる

スープをどんぶりに入れてみると凄い脂、これが濃厚な豚骨スープを生み出す素になるんです。

赤のれんお土産9
熱湯をどんぶりに注いでスープを溶かし、茹でた麺をザルで湯切りしてから入れると完成。

極細の平打ち麺が美味しそうですね、一幸舎なんかも少し平打ち気味にした麺を使っているので、豚骨ラーメンには平打ち麺が合うのでしょう。

節ちゃん9
参考にお店で食べた時の画像を張ってみました。

出来上がりの参考にお店で食べた時の写真と比べられるようにしてみたんだけれども、お土産用のほうが少し茶色っぽいですね。

赤のれんお土産10

それではスープから飲んでみます…口に入れた瞬間に豚の濃厚なうま味がグッときますね、ググっと前に出て来るパンチのきいた豚骨スープ。これはこれで美味しいんだけど、お店の味はもうちょっとマイルドな感じで後からじわ~っとうま味が沁みてくる滋味系だったんですよね。

まあお土産用のインスタントですから、店の味と同じという訳には行くはずもなく。市販の豚骨生ラーメンとして考えたらとても美味しい、トップクラスなのは間違いなし。

赤のれんお土産11

続いて元祖赤のれん節ちゃんラーメン最大の特徴である極細平打ち麺。これはツルツルしてスープもよく絡むし、とても美味しい。お店の方がもう少しプリプリ感があったけども、なかなかの再現度です。

味の再現度は如何に

お店の味と同じかと聞かれると「否」と答えざるを得ませんが、それでも味の系統としては非常に似ているのでソコソコの再現度。店の味がもっとマイルドで旨みがジワ~っと沁みてきて、食べれば食べるほどに旨みが増していく病みつき系なのに対し、お土産ラーメンはは最初からガツンと濃厚豚骨が前面に出てくる感じ。ややわざとらしさもあるかもしれない。

豚の香りもお土産のほうが強めなんだけども、コッテリ濃厚系豚骨ラーメンとしての完成度は非常に高い。これはこれでアリですよ、ぜんぜんアリ。普通に美味しい。

買ったお店

赤のれんお土産12
天神バスセンターのバス乗り場。

有名店のお土産博多ラーメンは博多駅を始めとしたお土産屋さんで売られているんだけれども、今回のラーメンを購入したのは天神のバスセンター。

赤のれんお土産13
お土産だらけのローソン

天神バスセンターの乗り場にはローソンがあるんだけれども、なんとこのローソンはお土産屋さんなんですよ。コンビニ商品とは別に、福岡博多の商品を中心に扱うお土産ローソンになってます。

赤のれんお土産14
ずらりと並んだお土産ラーメンの数々。

お店の一角にあったお土産ラーメンコーナー。博多の人気ラーメン店がずらり、そうそうたる顔ぶれ。最低でもココで売られているラーメンくらいは実際のお店と食べ比べてレビュー記事を書こうと思っていますので、気になったら時どきサイトを覗いてみてください。

こういったお土産ラーメンは博多駅内のお土産店でも数多く販売されているので、自分に合う一杯を探すのも面白いかもしれませんよ。

「元祖赤のれん節ちゃんラーメンのお土産ラーメン」

販売元:株式会社味蔵

※この記事は私が購入した時のものです、現状と異なる場合があります。最新情報、詳細はご自身で確認することをおすすめします。

株式会社味蔵公式通販サイト⇒http://www.ajikura.co.jp/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でハカテンをフォローしよう!

関連記事

  1. 「三日月屋カフェ」博多駅デイトス地下の口コミレビュー!クロワッサン美味しいよ

  2. 「新幹線ネジチョコ」博多の珍しいレアものお土産!ネジチョコの限定パッケージ

  3. 「KAKA(カカ)」天神、大名で絶対おススメ!のチーズケーキの専門店。

  4. 二葉亭

    「二葉亭デイトス店」博多麺街道ランチ!老舗で見つけた伝統の博多ラーメン

  5. 「博多新風」博多駅のデイトス麺街道”で人気!豚骨にマー油が効いた個性派ラーメン店!

  6. 「ATELIER de GODIVA」アトリエゴディバ博多阪急で買ったバームクーヘンのレビュー!

  1. 天神元長

    「元祖ラーメン元長屋」天神でガンナガ系ラーメンを食べるならココ!

    2018.06.22

  2. 「中洲市場」博多の明太子ふくや発祥の地、昭和レトロな商店街

    2018.06.19

  3. 米らく博多

    「こめらく」博多駅デイトス地下で贅沢お茶漬けランチ!レポート

    2018.06.18

  4. 「食堂うめぼし」福岡天神・大名で遅めのランチ!早飲みも可能なお店

    2018.06.17

  5. 「星期菜」福岡シップスガーデンの中華レストランで中華そば

    2018.06.15

  1. 「食堂うめぼし」福岡天神・大名で遅めのランチ!早飲みも可能なお店

    2018.06.17

  2. 「自由亭」博多旧市街に見事な町屋のシブいレトロ食堂で玉子焼き定…

    2018.06.07

  3. 新生飯店15

    「新生飯店」天神の繁華街でタイムトンネルを発見した!レトロな路…

    2018.05.14

  4. 「丸万食堂」創業八十一年!博多川端のレトロな老舗大衆食堂でラン…

    2018.05.10

  5. 青木堂

    「一善めし青木堂」昭和レトロな大衆食堂!福岡天神の渋い飯屋

    2018.04.25

  1. 「冷泉町」博多旧市街のレトロ巡り、博多の歴史を感じる街歩き

    2018.06.12

  2. 「上呉服町」博多の旧市街、鎌倉時代の街並みが残るレトロな風景

    2018.05.03

  3. 「博多大水道」鎌倉時代に掘られた博多中心部を防衛する巨大な堀

    2018.04.30

  4. ジョーキュー13

    「ジョーキュー醤油」歴史観光も出来る!福岡・大名にある旧城下町…

    2018.04.22

  5. 「三角市場」福岡のディープ観光スポット!昭和レトロな闇市の末裔

    2018.03.30